fbpx
2018.7.10:フリーペーパーVol.28発刊!

今年も枕崎で鯉のぼりならぬ”かつおのぼり”が大空を泳ぐ

今年も「こどもの日(端午の節句)」を前に、こどもたちの健やかな成長を祈り、全国各地で鯉のぼりが大空を泳ぐ様子が見られるようになりましたが、かつお節の生産が盛んな鹿児島県枕崎市では、地元の小学生によって市役所前に鯉のぼりならぬ「かつおのぼり」が掲揚されました。

ほかにも、全国各地にはユニークなご当地”◯◯のぼり”があるようです。

そちらも紹介していきたいと思います。

カツオのまち枕崎

枕崎のカツオの水揚げ量は約5万トン。静岡県焼津市の12万トンに次ぐ第2位の水揚げ量を誇ります。また、お隣の指宿市山川、焼津市とともにかつお節の3大産地とされており、まさに「カツオのまち」

そこで、カツオの”強く・たくましい元気さ””縁起物”であることにあやかり、毎年こどもの日に向けて「かつおのぼり」を上げています。

市内の至る所で目にすることができ、一般家庭でもかつおのぼりが上げられているなどすっかり定着しています。

枕崎市では毎年5月4日・5日に南薩地域地場産業振興センター周辺で「こどもの日かつおまつり」催されています。こどもの日と”初鰹”の時期が重なることから、こちらも「こどもたちの健やかな成長を枕崎特産であるカツオにあやかろう」と始められたお祭り。

カツオ一本釣り大会やかつお節削り大会など、「カツオのまち」枕崎ならではの催し物が開催されます。新鮮な魚や水産加工品などの展示即売会も大人気のようで、こどもだけでなく大人も楽しめるイベントになっています。

「かつおのぼり」を上げるまちは他にも

かつおのぼりは枕崎だけだと思っていたら、他のまちでも。やはり特産はカツオ!

【高知県黒潮町】

【沖縄県本部町】

【三重県鳥羽市浦村町】

鳥羽市浦村町は枕崎市の風習にならって、かつおのぼりを掲揚。かつおのぼりも枕崎市から取り寄せたものだそうです。

全国のご当地”◯◯のぼり”

ちなみに全国を見てみると、鯉、カツオの他にもその地域ならではのユニークなのぼりがたくさん。

・まぐろのぼり

・ジンベイザメのぼり

水族館の人気者・ジンベイザメがのぼりに。

・うなぎのぼり

「上昇する」ことを意味する、”うなぎのぼり”という縁起の良い言葉にかけて。

・サメのぼり、シロイルカのぼり、ペンギンのぼり

・アユのぼり

・くじらのぼり

・イルカのぼり

 

こんなに色々な”のぼり”があるとは。”所変われば”と言ったところでしょうか。

かつおのぼりをはじめ、ユニークな”ご当地のぼり”は、まちの名物となり観光の一環となっています。

ゴールデンウィークの連休、いつもの見慣れた鯉のぼりとは一味違う”ご当地のぼり”を見に足を伸ばしてみては。

きっと美味しいものにも出会えるはず。