fbpx
2018.9.10:フリーペーパーVol.30発刊!

音声のみで私達の生活を楽にしてくれる「Google Home」の紹介

仕事や学校のあとは、寒さや疲れで家でのんびりしたいところですよね。帰宅して、一旦、ソファに座ってから、遠くにあるリモコンを取りに行ったり、調べ物をしたくてもパソコンがちょっと離れたところにあって面倒だなと思ったことってありませんか?

そこで今回、音声のみで私達の生活を楽にしてくれる Google Home に関しての紹介をしたいと思います。

Google Home の魅力

Google Home は、身の回りにある家電製品の操作やニュースなどの情報を「声」のみで Google Home が代わりにしてくれます。体は動かさくてもいいので、かなり便利な存在となっております。

ソファーで寝そべりながらの全部の機器の操作やいろんな情報を知ることができるので、まさに天国です。昔、理想としていた未来が現実として形になってきましたね。

Google Home の概要

Google Home 本体は、Wi-FiやBlueTooth・赤外線センサーを採用しているので、照明やテレビ・コンポ・パソコン・スマートフォン・タブレットなどの機器をコントロールすることが出来ます。

各機能の詳細については下記をご参照ください。

照明

照明の点灯や消灯・明暗の調整ができます。

「照明を少し暗くして」と言えば、Google Home が感知し、照明を少し暗くしてくれます。睡眠時の消灯や深夜の点灯も、照明のヒモやリモコンを手探りで探さずに済むので、かなり楽ちんです。

テレビ・レコーダー・映画・動画・画像

「〇〇の番組を映して」「〇〇の番組を録画して」「〇〇の映画を再生して」など、テレビのチャンネル変更や番組の予約、観たい映画、ファイルや YouTube などの動画や画像など、自分がやりたい操作を「声」のみでできます。

番組探しや録画予約・映画のDVD再生など面倒な操作ができるのです。その他にも、無くしたリモコンを探したり、レンタルショップへの行き帰りやDVD探し・返却に手間や時間がかかるのが嫌でした。それを皆無にしてくれるので非常に有り難いです。

音楽

Google Home 本体にはスピーカーが内蔵されており、「〇〇のアルバムを流して」「〇〇のラジオ番組を流して」など言うと、曲やラジオなど自分の聴きたい音楽を流してくれます。

CD をプレイヤーに入れたり、ラジオの周波数を合わせたりと面倒な作業を省け、言うだけですぐに流れてくるので、かなり便利な機能だと思います。

場所情報

あまり行かないお店の位置や営業時間・電話番号などを教えてくれます。例えば、「一番近い薬局は?」「郵便局は今やっている?」などを教えてくれます。

急ぎで薬を買いに行く時や荷物を送りたい時に、一番近い店や営業時間を教えてくれるので、安心して出かけられるので、この機能は有り難い存在となっています。

知りたい情報

知りたいニュースや天気予報・道路の渋滞状況・わからない単語などを知らせてくれます。例えば、「阿鼻叫喚ってなに?」と聞くと意味を音声で教えてくれたり、「会社まで何分かかる?」と聞くと、「今の渋滞状況だと46分で着きます」と教えてくれます。

出勤の準備をしながら情報を知ることができ、渋滞で遅刻にならずに済むので、必要不可欠な存在となっています。

予定

「レタスを買い物リストに追加して」「明日の14時に網走に着ける新幹線を、指定席で予約して」「◯月◯日の予定を教えて」など言うと、今日や今週の予定・買い物をしたいもの・乗り物情報の予約など、自分に関するいろんな予定を補助してくれます。

私は忘れっぽいので、何回もカレンダーやメモ帳がある場所へ行って確認していましたが、 Google Home があると、予定がその場ですぐに分かるのでかなり便利です。

その他

他にも、メモ・タイマー・あいさつ・ナゾナゾ・しりとり・占い・ジョーク・豆知識・動物の鳴き声・自分を知ってもらうなど、他にもいろんなことができます。

暇な時に、Google Home でいろんな遊びができるので、飽きませんね。

Google Home は疲れている時や病気・介護・機械が苦手な人などには、非常に便利な存在となっています。特に、面倒くさがりの私にはピッタリだと思います。今後、さらに開発され「電話機能」「屋外でも使える機能」「手でのジェスチャー操作機能」「ビデオチャット機能」が追加されるのではないでしょうか。

via:Google