title2525我々にとって「仕事」とはなんだと思いますか?

 

「とりあえず生活の為」

「やりたくないけどやらなきゃいけないと思って」

「人生のかて、かつ、喜び」

「恋人」

などなどでしょうか?

 

働くことは大切です。しかし、「働かざる者食うべからず」を振りかざすのはどうなのでしょうか。

 

「働かない」と「働けない」は違います。

 

そして、「何をもってして『仕事』とみなすのか」でも変わってきます。

 

賃金が発生するか、でしょうか?

では、無償は労働ではないのでしょうか。

 

そして、考えてみれば不思議なことに「仕事が恋人」という文言が使われる対象はたいてい女性です。

 

例え『仕事人間な男性』がそこにいても、「彼は仕事が恋人だね。」とはまず言いません。

本当に不思議なことです。

 

自身には「何ならできる、何ならできそう、いつなら、どれくらいなら」「どういうひと(能力・人格)と協力すれば」。

 

そういったことを把握しておくのも大事かもしれません。