なんだかんだと、一年に一回は会えている♡わたしの精神安定剤GLAY

今年は、GLAY ARENA TOUR 2017 SUMMERDELICSの11/25.26マリンメッセ福岡2daysに参戦することができました。

何十回とGLAYのライブに行っていますが、始まるまではやっぱりドキドキで心臓が出そうになるくらい胸の中が大変です。

涙とゾワゾワと笑いで

今回のライブは、夏に発売された14枚目のアルバム「SUMMERDELICS」(サマーデリックス)をひっさげてのツアーでした。

今の生活になってから、ゆっくりと音楽を聞ける時間もなく、ライブ1週間前になってエンドレスでアルバムを聞き、予習をしての参戦になりました。

まるで、遠距離恋愛でもしているかのように、始まりの曲がどんな曲であっても、やっと会えた安心感と嬉しさで涙が止まらなくなります☆(注意:わたし自身ヤバイ感じではないので安心してください。笑)

そして、ボーカル・TERUさんの「ただいまー!」にゾワゾワしながら、思いっきりの「おかえりー!」を返すのです。

(今気付いてしまいましたが、旦那さんにこれぐらいの「おかえり」を言っていない…)

この「ただいまー!」は、毎回ライブの終わりにまた会える約束として「いってきます!」と言ってメンバーがステージを降りるからなのです☆

アルバム一曲目に収録されている「シン・ゾンビ」は、曲自体が『太鼓の達人』とのコラボ曲です。

ライブでは、ゲームセンターにある大きなゲーム機で太鼓の達人をギター・HISASHIがやるという演出がありました。

すると画面には、フルコンボ達成!と書かれているのですが、太鼓の達人のどんちゃんの声で「失敗だドン…」と言われてしまうのです(笑)。

ツアー最終日には「達成だドン!」と言ってもらえるのでしょうか。

ちなみに、このゲーム機200キロあるそうで、どうやってステージ上にあげているのかが気になります。

その最中には、大塚愛の「さくらんぼ」が流れ、HISASHIにゃんこスターアンゴラ村長をするという場面もありました。

(太鼓の達人のどんちゃん、クレヨンしんちゃんのママみさえと同じ、ならはしみきさんが声をやっていらっしゃるようです。)

ツアータイトルにもなっている曲「SUMMERDELICS」では、グッズだったり曲中の映像だったりでThe World of GOLDEN EGGS』(ザ・ワールド・オブ・ゴールデン・エッグス)(低燃費ハイジのCMでお馴染み)とコラボして、ゴールデン・エッグス好きなわたしはテンションが上がった一つでした。

最高なセットリスト

二日間セットリストが違い、ライブ定番曲の「彼女の“Modern…”」や懐かしの曲「HOWEVER」「I am XXX」までホントに盛りだくさんな内容でした。

個人的には2日目が大当たりで「春を愛する人」「都忘れ」「奇跡の果て」に「Way of Difference」!!の流れは、涙腺崩壊ゾーンでヤバかったです☆

 

11/22に発売された新曲「WINTERDELICS.EP〜あなたといきてゆく〜」は、ライブ会場でCDを購入しようと決めていたので聴き込めなかったのですが、画面上に歌詞が表示され、歌詞の深さにまたまた感動☆

これぞGLAY!という王道なバラードでした。

歌詞の「あなた」というのが祖父母、両親にあてられているのが話題にもなっています。

ジャケ写の後ろ姿の男性が鹿児島出身の俳優、沢村一樹さんだということも話題になりました。

鹿児島という共通点だけでも嬉しくなります。

そして、アルバムの最後に収録されている曲「lifetime」はライブで聴いて大好きになりました!

「毎年、ツアーをしたり楽しいイベントをしていますが、次またいつ会えるか分からないし、会いたいときに会えない寂しさがあるとは思いますが、この曲を聞いて今日の楽しかったことを思い出して、次また会える日まで頑張ってください」というTERUさんの言葉が忘れられない曲です。

これは、ベース・JIROちゃんが作詞作曲をした曲で、歌詞の「神様がくれた奇跡を 同じ時代 生きた足跡を残すよ」がジーンときます。

同じ時代に生まれていなかったら、出会うことはなかったんだと思うと、とてもすごい奇跡に思うのです☆

魔法のような幸せ空間♡

ライブが始まるまでは楽しみで仕方なく世界が明るく見えますが、終わってからの喪失感が半端ありません。

それなら行かない方が…と思いますが、それはそれで耐えられません(笑)。

多少なりGLAYファンは同じ思いの人が多いと思います。

中毒なのか一種の宗教なのか(笑)。

GLAYのライブには何かしらの魔法がかけられているに違いありません!

次に会えるまで、「lifetime」を聴いて日々の生活を頑張ろうと思います!!