11月12日(日)に鹿児島で高校サッカー選手権大会決勝戦「神村学園ー鹿児島城西」の試合が行われました。決勝戦のみテレビ中継されたのですが、中継は午後1時5分から3時までで、最大延長は3時24分まででした。試合は接戦となり0−0のままPK戦にまでもつれたのですが、ここでテレビ中継が終了したのです…。

試合はPK戦の末、神村学園が優勝!4年ぶり5回目の冬の全国高校サッカー選手権大会出場を決めました!

白熱した試合で盛り上がった決勝戦!

神村学園は新人戦、夏のインターハイと2冠を達成しており、優勝すれば3冠達成という偉業を狙っています。対して鹿児島城西は4年連続の冬の全国高校サッカー選手権出場を目指していて、両校とも鹿児島代表にふさわしい強豪チームです。

前半40分、後半40分、計80分での試合は両校とも攻めて守ってと白熱した試合展開で、前後半ともに0−0のままでした。

「引き分けだったらPK戦なのかな?」

と思ったのですが、決勝戦のみ前半10分、後半10分、計20分の延長戦を行い、それでも決着がつかなければPK戦で決着をつけるといったルールなのだそうです。

試合は延長戦でも0−0のままでPK戦に突入!

決勝戦は0−0のまま延長戦に突入しました。疲れているとは思うけど、選手みんながボールに向かって全力で走って良いプレーを見せてくれて、両校の応援団もテレビ中継を観て応援している方もチカラが入った試合展開になり、試合は延長戦でも決着がつかずにPK戦に突入しました。

PK戦の途中でまさかの放送終了

PK戦は3人目が蹴った辺りから実況の方から…

「申し訳ありませんが、放送時間が残り1分となりました。最後までお伝えできません」

とのこと。僕は…

「えー!PK戦で決着が決まるという大事な場面なのにここで放送が終わるの?」

と思いました。

結局PK戦途中で放送が終わってしまい、結果はネットの情報やTwitterから知るしかありませんでした。

Twitterからもテレビ中継を途中で終了したことに僕と同じ意見の方が多くいらっしゃいました。

「試合の結果は夕方のニュースでお知らせします」

と実況の方はおっしゃっていましたが、その時間帯では結果もネット情報などですぐに分かるので、僕は夕方のニュースを観ることはありませんでした。

テレビ中継は「最大延長3時24分まで」と書いてありましたが、試合途中で放送終了したことは後番組の都合やテレビ局の都合もあるかと思います。事情は詳しく分かりませんが、個人的意見では試合終了まで、そして神村学園が優勝したシーンまで観たかったです。

サッカーが好きな人はやはり生中継で試合を最初から最後までが観たいのです。このPK戦途中での放送終了が残念でなりませんでした。