2017年11月12日(日)13:00〜15:00、日本体育大学 世田谷キャンパス(東京都世田谷区深沢7-1-1)記念講堂にて、毎日新聞社主催の「障がい者スポーツフォーラム 2017」が開催されます。

2020年 東京パラリンピックに向けて

障がい者スポーツに関する報道が増えてきた印象はありますが、まだまだその理解が深まっているとは言い難いと思います。今回のフォーラムのテーマは「ともに・2020 バリアーゼロの社会に」です。

「障がい者のスタジアム観戦事情」と「練習環境のバリアフリー」を主なテーマに、現役パラアスリートや元アスリート、取材記者も加えたディスカッションが行われます。

出演予定アスリート

長島 理 選手(パラバドミントン 強化指定選手)

杉野 明子 選手(パラバドミントン 強化指定選手)

初瀬 勇輔 選手(視覚障害柔道 日本代表)

中西 哲生 さん(元サッカー選手 / スポーツジャーナリスト)

廣瀬 俊朗 さん(元ラグビー日本代表)

主なプログラム

「障がい者の観戦促進」や「パラアスリートに対する強化支援」について、競技施設バリアフリーの視点からの取り組みや、ユニバーサル社会に向けた「介助犬」の活動紹介、視覚障がい者競技体験会「みえないセカイをみてみよう」の振り返りなどのプログラムが予定されています。

参加希望者400名 無料招待

「障がい者スポーツフォーラム 2017」に興味があり、ぜひ参加したいという方は、11月2日(木)までに事前申し込みが必要となります。費用は無料、定員は400名です。

2020年東京パラリンピックに向けてどのような取り組みが必要か、今後の地域や企業における「障がい者スポーツのあり方」など、改めて一緒に考えるいい機会だと思います。

via:毎日新聞