やってはいけない!と思いながらもついついやってしまう歩きスマホ。下を向いている状態なので注意力が散漫となり、前の視界が分からなく人とぶつかったり、車を運転しながらだと最悪な場合は死亡事故になってしまったりと世界中で問題になっています。ハワイではついに歩きスマホ禁止令が決まりました。

歩きスマホで死亡事故など、何かと話題になったポケモンGO

2016年7月にリリースされた携帯ゲームアプリ「ポケモンGO」。スマホを見ながら街の中を歩きポケモンを捕まえられる、ある場所に行けばレアなモンスターが捕まえられるなど大人気ゲームとなりました。

しかし、残念な問題も発生しています。車の中でポケモンGOを気にしながら運転をしていたら前に歩行者がいて死亡事故やひき逃げなどといった本当に許されない事故もたくさん起こりました。

ハワイで歩きスマホで道路横断したら罰金1万円

観光客も多いハワイでは、スマホをしながら道路横断すると罰金が科せられる条例が決定したのでそうです。初回で違反した方には罰金が日本円で約4,000円ほど。さらに違反をしてしまうと約1万円もの罰金が科せられるというのです。

スマホだけではない、ゲーム機やタブレットなどでも罰金

「歩きスマホ」と聞けばスマートフォンだけ?という方もいらっしゃるかと思いますが、携帯ゲーム機やタブレット端末、ノートパソコンといったものまで使用しながら道路横断すると罰金が発生するのだそうです。

この条例はアメリカ・ホノルル市が初めてらしく、今後も他の都市でも歩きスマホの違反金の条例ができるかも。そして日本でもこの歩きスマホの問題も考えてもらいたいです。歩きスマホは本当に危険です!止めましょう!