朝晩涼しくなり、だいぶ秋の気配が近付いてきました。

しかし今回の話は、気持ちを初夏に戻してください。

 

アレは数年前のこと。そう、わたしは友達と姉とでシェア生活をしていました。

その日は姉が不在でして。友達と3人でピザを頼もうか、という話になったのです。

「某ピザ屋の冷製スープが美味しいから、ochunにも食べて欲しい!」

頬を紅潮させた友達を目に、わたしもワクワクしながら一口すすってみました。

すると…

hifu-aho

hifu-aho02

hifu-aho03

 

確かに、少々鼻をつんざくような刺激もありました。

でも、スパイスってそういうものかな?と。そう思いながら咀嚼していたのです。まさか腐っていたとは。

後にわたしも悟りました。味以前にスパイスに謝れ!と。

その後、慌てて正○丸を飲みました。

 

冷製スープの運命を冷静に考える

しかし、腐ったスープはこのままで良いのだろうか。

ピザ屋に抗議の電話を入れるべきか、わたしたちは悩みました。

何故なら、抗議するにも半分以上は胃の中。全くもって説得力が無い!(机を叩きながら悔しそうに)

わたしがピザ屋なら、心の中でこう思うでしょう。「お客さま。失礼ながら、舌の方大丈夫ですか?」

 

そうこうする内に、夜に頼んでいるヘルパーさんがいらしたので、話をしました。

すると、「こういうのは、次に頼む客の為に連絡しなきゃいけないのよ!自分は悪くないんだから、どんどん言いなさい!」と電話してくださいました。

hifu-aho04

電話中、ヘルパーさんの優しき一言に感動しました。

こんな舌バカな女を、そこまで思ってくださっていたとは…!!

もう1人のヘルパーさんは静かに肩を震わせているように見えるけど、きっとそうね。幻ぃ~!(人差し指を揺らしつつ)

 

結局ヘルパーさんのお陰で、新しいスープをいただけることになりました。

正直(ピザ代、全額戻ってくると思ってた)と3人思っていたのは、ココだけの話。

そもそも、気付かなかった自分は思える立場じゃありませんne☆

 

冷製スープ美味しかったです。