仕事で疲れた日常に潤いをもたらすため、友だちとボウリングに行きました。

土日祝日料金ではあったものの、朝10時までに受付をすませば何ゲームでも投げ放題のプランを利用して思う存分楽しみました。

投げ放題は食べ放題

連休最終日の祝日、ボウリング場は昼を迎える前にあっという間に大勢の客で埋め尽くされました。

利用したのはアミューズメント施設として有名なラウンドワンの投げ放題プランです。
そこは30以上のレーンが用意された大きめの施設でしたが、余っていたレーンは3レーンほど。

投げ放題なら最低でも10ゲームは投げなきゃ損、と考える庶民な私は、食べ放題の店で必要以上に食べる客のように多くのゲームを楽しみました。

順調な序盤

当初の目標は10ゲーム。

「それからあとはその時考えよう」と思い、投げ始めると序盤、なかなか理想のスコアが出ません。
ターキーを出すものの後半失速して普通のスコアに終わってしまうこともしばしば。

そんなことの繰り返しはおそろしい中毒症状を誘ったのか……7ゲーム8ゲームと進んでもドーパミンが放出されているのか知れず、疲労感はありませんでした。

これは20ゲームを超えるかもな…」

自分の体に過剰な期待を抱く私の、9ゲームまでのアベレージは130くらい。
素人の成人男性としては普通のスコアですね。

終盤のワナ

10ゲームにリーチをかけた!と思うころ、友だちから疲れた様子
「自分のゲームも代わりに投げてほしい」と頼まれました。

フォームの確認ボールの軌道確認にはもってこいと快諾。
その後3ゲームは1人で2人分連続で投げ続けました。

その時、惜しい9ピンを挟んでダブルが2回。
7フレーム終了時点でストライク4、スペア1の順調なゲーム運びを見せていました。

しかし後半に失速。
最終10フレームは2投目にスペアを取れず3投目を投げずに終了。

それでも160近いスコアを出した自分は欲が出て、自分の最高スコア180を超えられないかとムキになって投げ続けたのでした。

そしてさらに2ゲームを投げ、14ゲームまで投げると時間はもう夕方。
私は3ゲームを2人分投げたので17ゲーム分投げたことになります。

ボーリングマシーン」それが、友だちが私に与えた源氏名でした。

褒めてもらったところで精算し、夕方の西陽を浴びながら帰路に着いたのです。

翌日、友だちからラインで手首損傷の連絡。
軸足の臀部も軽い腫れが見られるとのこと。

私は、実は当日少し風邪気味だったのですが、大丈夫だろうと高をくくって投げた結果が筋肉痛でした。フォロースルーで体重を支える軸足の付け根臀部がじんわり痛く、階段が少し辛くなりました。

風邪に関しては特に悪化せず熱も出ません。
職場で話したら大部分の人が呆れて笑ってくれた17ゲームの投げ放題。

次は最高スコア181以上を目指して頑張ります☆