今飼っているオレンジザリガニの前にもオレンジザリガニを飼っていました。そのオレンジザリガニは、とても人懐っこくて愛らしく、それまでのザリガニへのイメージをひっくり返すほど!そのザリガニは脱走して、カラカラのミイラになって死んでしまいましたが…。その1、2年後にペットショップで出会った、今飼っているオレンジザリガニが、人懐っこいところや、愛らしい仕草を見せるたびに、あのザリガニの生まれ変わりではないか、と思ってしまいます。(正直、そうではないか、というより、そうだといいな、という気持ちに近いのですが。)

 

さて。

 

それはむかしむかし、とある国でのお話。お互いに、強く惹かれあった男女がありました。2人は、身分の違いから、結ばれることは決して許されないのでした。
1006-%ef%bc%91%e3%82%b3%e3%83%9e%e3%82%81 1006-%ef%bc%92%e3%82%b3%e3%83%9e%e3%82%81

きったねー字。1006-%ef%bc%93%e3%82%b3%e3%83%9e%e3%82%81

1006-%ef%bc%94%e3%82%b3%e3%83%9e%e3%82%81

 

マァ〜なんてロマンチックなお話なのでしょうか。