梅雨も開けて夏も本番になりましたね。 不思議なことに、夏というのは何か新しい事だというような錯覚が毎年起きます。それは季節というより行事というような、新年が開けたときの気持ちに近いです。私は夏がよほど好きなんでしょうね。 その、夏の風物詩といえばですが、肝試しや海開き、花火、ひと夏の恋なんかもそうでしょうか、たくさんありますよね。(夏が好きだから特別にそう感じるのでしょうか。) もし今年の夏を、夏の終わりごろに一言であらわせ、と言われたとしたら、皆さんはどれかを答えるのでしょうか。

01  とある橋の半端な位置に謎のメモと銀行のキャッシュカードが。02

拾うなよ!!

03

分かりづらいかもしれませんが、これはおふだです。

04このお兄さん、モテ男の夏、だそうで。