先日、某バラエティー番組の「身体障がい者のイメージとは?」という街頭インタビューに、若い女性が「楽しい事が無さそう」と答えていた。

正直、その言葉にショックを感じた。

楽しい事もなく、ただ生かされている人。と思っているのなら、彼女にとって”障がい者”は、人間ではなく別の生き物として見ていることになる。

そして、そう思っている人は口に出さないだけで多くいることだろう。

 

それじゃあ、友達らと話してヘケヘケ笑っている自分は何なんだ。

世間一般で身体障がい者とされている自分は、宇宙人だとでも思われているのか!

それ言われたら、人類みな宇宙人だけど!

 

という風に、なかなか世間の障がい者像は暗い。

そんな中、この秋 新しい障がい者像を映す映画が封切りになる。

その名も『パーフェクト・レボリューション』。

 

彼が身体障害者で彼女は人格障害者。障害って何だっけ!?

「身体障害者だって恋をするし、セックスもしたい!」。重度の身体障害があり、車椅子生活を送りながら、障害者への誤解を解くために活動するクマ。彼と恋に落ちたピンクの髪の美少女ミツは、人格障害を抱えた風俗嬢だった―。

企画・原案は、講演やイベントなどさまざまな活動を通じて、障害者の性を訴えつづける活動家・熊篠慶彦。彼の実話にもとづく物語を、『最後の命』の松本准平監督がポップに力強く映画化。熊篠の長年の友人であるリリーは、彼の活動と生きざまが映画になると聞き、役柄を問わず協力したいといって本作への参加を決断している。 

公式サイトより抜粋

 

予告映像を観た1番の感想は「リリーさんの電動さばき、うまっ!!」だった。

主人公であるリリーさん演じるクマさんが、指1本でスティックを操作する姿は電動車イスユーザーそのままで。それだけで映画の期待が高まる。

冒頭の台詞から、日本では未だにタブーとされている障がい者の性を扱っていて、その切り口も楽しみだ。

ただ、鹿児島でも上映されるのかどうかが分からないけど。…上映されますよね?

 

世間の障がい者像はなかなか変わらないが、映画の中の障がい者はなかなか個性豊かだ。

日本でも話題となった『最強のふたり』。

以前ひふみよでも紹介したパンク・シンドローム』、重度の脳性麻痺を持つ住田雅清が本名で主演し、障がい者が殺人を犯す『おそいひと』。

映画では無いけど、NHKで放送されている『バリバラ』も、これまでの世間の障がい者像をひっくり返した姿を見せている。

個人的には毎年放送される某チャリティー番組よりも観ていただきたい番組で、冒頭のインタビューもこの番組で流れたものである。

 

日本のエンタメが障がい者を扱う場合、「お涙ちょうだい」の「感動モノ」でなければ世間は食いつかないように思われがちだが、わたしはそうは思わない。

多種多様な世界をと声高に叫ばれている時代だからこそ、もっとバカで阿呆な人間らしい障がい者像を見せて欲しい。

この世は、誰でも革命家になれる時代。

宇宙人ではなく1人の人間の生き様として魅せてくれるであろう、「パーフェクト・レボリューション」に乞うご期待!

 

映画『パーフェクト・レボリューション』 | 9.29(fri) ROADSHOWリリー・フランキー、清野菜名が体当たりの演技で挑んだ実話を基に、障害がある「最強のふたり」の至極の物語perfect-revolution.jp

via:©2017「パーフェクト・レボリューション」製作委員会