すこし外へ出ると、通りすがりの人から声を掛けられる。

外見に障害が見える人にとってそれは日常的で、特に車椅子ユーザーはあるあるのひとつだと思います。

ひとりで出掛けることが多いわたしは、いつもいろんな人に声を掛けられます。

今回は最近出会った、素敵なジェントルマンを紹介します。

それは少女漫画の始まりのように…

週に1度の特売日!

わたしはいそいそと近くのショッピングセンターへ向かいました。

すると、

%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%ac-%e3%81%8a%e3%81%98%e3%81%95%e3%82%93

突然、手元まで近寄ってきたパンたち。見上げると…

%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%ac-%e3%81%8a%e3%81%98%e3%81%95%e3%82%931

%e3%83%9e%e3%83%b3%e3%82%ac-%e3%81%8a%e3%81%98%e3%81%95%e3%82%932

すこし妄想タイムに入ります

どっきゅーーーん!!!

突然のナイスミドルの登場に胸が高鳴り、このまま刑事ドラマの撮影を始めてほしい!と願いました☆

(わたしは少し頼りない部下役で。そして、おふたりから守られる。)

ちなみに1人めのおじさんは三浦友和、2人めのおじさんは渡部篤郎の声でイメージしていただきたいです♡

また、個人的に菓子パンコーナーでの出来事というのもツボでしたw

甘いものとおじさん。なんて素敵なシチュエーション( `•ω•´ )و

車椅子に乗っているからこそ出会える優しさ

正直、気持ちが疲れているときは「今日くらいはじろじろと見られず、誰からも声を掛けられずにいたい」と思うときもあります。

今回のように嬉しい出会いばかりでもありません。

しかし、このような通りすがりの優しさは、車椅子に乗っているからこそ出会えるものともいえます。

困ったときは自分からも声を掛けますが、最近は自然でさりげない声掛けや手伝いをしてくださる人が多く、本当に嬉しいです。

おかげで、ひとりでも安心して出掛けられます。

日常で起こる、小さな出会い。

また紹介していきたいです。