2017年4月1日ブラインドサッカー界に新たな歴史が加わりました。

ブラインドサッカー女子日本代表誕生!!

JBSA(NPO法人 日本ブラインドサッカー協会)は、2014年から、女子選手の発掘、育成に取り組んできました。

監督に、ブラインドサッカー黎明期から関わる、初代男子日本代表GK 村上 重雄(むらかみ しげお)氏を招聘し、選手8名スタッフ7名で、新たな一歩を踏み出します。

女子日本代表が誕生するまで

2001年日本に上陸した、全盲の選手がプレーするブラインドサッカー

これまで女子選手は、男子選手に混じってプレーをしていましたが、身体面運動能力の違いから、女子選手が続けていくのはなかなか厳しい状況にありました。

ようやく2014年から女子日本代表を作るべく、選手の発掘、育成を始めます。

JBSAは、合計10回女子選手のみの練習会を行い、2016年7月には、その中から選抜されたメンバーによる対外試合を、2017年1月には、女子日本代表育成合宿を開催、そして4月1日〜2日、ついに女子日本代表を招集して、初の強化合宿を行う運びとなりました。

初の女子選手だけの国際大会

 5月2日(火)〜8日(月)ウィーン(オーストリア)で、初の女子選手だけの国際大会、IBSA(国際視覚障害者スポーツ連盟) 女子ブラインドサッカートーナメント2017が開催されます。

パラリンピックや世界選手権などの世界大会で、女子のカテゴリーを作っていこうという機運が高まっており、国際競争力を高める狙いから、この大会が行われることになりました。

初代主将は、原 舞香(はら まいか)選手

ブラインドサッカー女子日本代表初代主将に選ばれたのは、原 舞香(はら まいか)選手です。

兵庫サムライスターズに所属し、

高校2年生からブラインドサッカーを始め、競技歴は約9年になります。

2015年に行われた日本選手権で、女子選手として初となる得点をあげるなど、闘志あふれるプレーが持ち味で、若さと明るさ、元気溢れる日本代表の先頭にたち、チームを牽引していきます。

ブラインドサッカー女子日本代表今後のスケジュールとしては、

4月22日(土)壮行会

4月29日(土)〜30日(日)第2回目の強化合宿(帝京科学大学 4号館グラウンド:東京都足立区)、

そして、

5月2日(火)〜8日(月)IBSA女子ブラインドサッカートーナメント2017(オーストリア・ウィーン)本番を迎えます。

果たして、女子日本代表は、欧州・南米などの強豪チームを打ち破るだけの実力があるのか?

世界での現在の立ち位置は?

国際大会初ゴールは誰が決めるのか?など、

興味はつきません。

日本のブラインドサッカー界にとって、とても大切な歴史が1つ動き出します…。

 

[メディアリリース]ブラインドサッカー女子日本代表が誕生 2017年5月 初の国際大会出場決定 4月1-2日、…日本ブラインドサッカー協会による、公式情報サイトです。ブラインドサッカーは、パラリンピックの正式種目です。www.b-soccer.jp

via : NPO法人 日本ブラインドサッカー協会 公式サイト