アニメに必要不可欠な「声優」さん。今回から声優さんを1人ずつピックアップして紹介していきます。第1弾は、2016年の声優アワードにて助演女優賞を受賞した早見沙織さんについて紹介します。

早見沙織とは?

早見沙織さんは東京都出身の現在25歳の女性声優です。16歳の時にアニメ「桃華月憚」で声優デビューしました。愛称は、「はやみん」や「ミサオ」ですが、ファンの間では主に「はやみん」の愛称で親しまれています。また、2015年には1st single「やさしい希望」で歌手デビューも果たしました。

早見沙織の声

彼女の声は「おっとりとした女性」というイメージが強いです。なので、人魚や天使、精霊など神聖なキャラを演じることが多いです。たまにではありますが、少年役も担います。また、「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」というアニメでは、いわゆるツンと病み性格を持ち合わせている強気なキャラクターである【新垣あやせ】を演じています。気になる方は1度見てみてください!

早見沙織の人柄

彼女はとても人柄がよく、他の声優さんから信頼や尊敬もされています。他の声優さんのラジオにゲストとして出演した際には、「早見さんに言ってほしいセリフ」というお題で大興奮していました(笑)。声とはまた違った人柄に私は惹かれてしまいました。

今年もいくつものアニメに抜擢され、そのほぼ全てで主要キャラを担当するほど人気のある早見沙織さん。気になった方は早見さんの出演するアニメを見てみてください!私がオススメするのは「魔法科学校の劣等生」です。次回は「神谷浩史さん」について紹介したいと思います。お楽しみに!!

 

早見沙織 – Wikipediaja.wikipedia.org

via: Wikipedia