日本食・日本酒が海外で人気です。

佐賀県は、日本貿易推進機構(ジェトロ)と協力して3月16日、イギリスやスペインなどの有名レストラン勤務のソムリエや輸入業者を相手に商談会を開きました。
試飲会も実施し、販路を海外に広める機会となりました。

日本酒は「SAKE(サケ)」とも呼ばれ、フランス料理とよく合うことでもよく知られており、欧州や米国でも人気です。
通販サイトでは海外から日本酒を買うこともできます。
日本酒を紹介するイギリスのサイト「TENG SAKE」では人気の日本酒が紹介されています。

このサイトには日本酒に合う食事に関する記述もあり、”サケにあう食事をスシなどの日本食に限定する時代は過去のもの、若者は日本食以外の食事ともサケの持つ可能性を広げている”などと紹介しています。

日本酒の品質には海外でも定評があり、すでに酒造メーカー数社が独自に輸出に取り組んでいます。

ワインに似た味わいでフランス料理にもピッタリ

佐賀県酒造組合によると、平成27年7月から平成28年6月までの県の日本酒輸出量は9万7千リットルで過去最高を記録しました。海外における日本酒人気がここにも現れています。

その背景には日本酒メーカーによる地道な販路開拓が隠されています。
ブルームバーグは「1700を超える日本の酒造メーカーが世界市場というチャンスを掴んでいる」と報じています。

日本酒とワインはともに醸造酒という点で共通点があり、ともに食事と合わせた飲み物として好まれます。
そのため、欧州でもワインの代わりに日本酒が好んで飲まれ、日本酒の人気は高級ワインにも匹敵するものです。
日本食ブームも止むことはなく、定番の高級料理としてその認知度は高まるばかりです。

来日観光客のアクティビティとしてのSAKE

日本観光に来たら、旅行のイベントとして日本酒を飲むことがプランに組み込まれるほど、日本酒は観光客からの人気を集めています。

訪日外国人向けツアー/アクティビティ予約ポータルサイト「Beauty Of Japan」を運営するBOJ株式会社(本社:東京都中央区、 代表取締役:野口 貴裕)とリカー・イノベーション株式会社は共同で、訪日観光客を対象とした日本酒を楽しむ体験型プログラムを企画・販売しました。

国内での日本酒の販売数量は過去10年で3割以上の減少が報じられる一方、海外への輸出量は増加の一途をたどっています。年間1000万人を越える日本への外国人観光客を主なターゲットとしたメーカーの販売路線変更は、世界を市場とする日本酒の新たな販売戦略として推奨すべきものです。

市場拡大から市場の安定期へ

品質の高さ、さまざまな食品との親和性などから、日本食と日本酒は一時のブームにとどまらないグルメ界における確固たる地位を築いています。

文化交流の手段としても外貨獲得の商品としても、日本酒は安定期に入ったとも言えます。

友人に「和食」という響きに高級感を覚えるイギリス人がいます。
その方は、自身が勤める公共施設に併設された小さなレストランで1枚数百円のもりそばを食べることすら贅沢な楽しみとしています。

ドイツ・デュッセルドルフでは去る3月12日、欧州のレストランや食料品店などを対象に日本食品の卸業を展開するJFCEUROPEグループによる日本食と日本酒を紹介するイベントが、日本料理レストラン「NAGAYA」を会場に開催されました。

イベントにはドイツから遠く中東はドバイからの参加者もあり、「キレのあるシャープな味わい」「サラッとした軽い口当たり」など日本酒に求める日本食との相性から、仕入れの対象とする銘柄を選ぶ姿も見られたとのことです。

出店した5つの蔵元が直々に”サケ”の特徴を参加者に説明すると、レストラン経営者、利き酒師、ソムリエ、ホテルのオーナーシェフなど、そうそうたる現地の食に関する専門家も神妙に説明に耳を傾けました。

日本人が知らないところで、日本を代表する文化である日本食も日本酒もその人気に拍車をかけていることが分かります。
さらなる市場拡大のために今後さらに必要となることは、酒造会社によるビジネスとしての交流に加えた草の根レベルでの文化交流です。

箸の握り方を教えるように、日本酒について簡単な説明のできることが日本人の一般的な知識になれば、日本酒の世界展開はさらにその速度を上げていくでしょう。

日本食以外の食品との日本酒の可能性も広がっています。
文化交流の手段から日本の主要輸出品にまで発展を遂げた、日本食と日本酒の国際的な浸透はさらに深みを増していくばかりです。

佐賀の日本酒、海外へ売り込め! 佐賀市で商談会、英国やスペインのソムリエらが試飲 – 産経WEST佐賀県の日本酒を世界に売り込もうと日本貿易振興機構(ジェトロ)佐賀貿易情報センターと県は16日、佐賀市で商談会を開催した。英国やスペインなどの有名レストランに勤…www.sankei.com

via:産経WEST

今度は「日本酒」がヨーロッパで奪い合い。世界各国で「SAKE」ブーム – まぐまぐニュース!ここ数年、日本酒の知名度も徐々に高まってきています。アメリカやアジアへの輸出増加はもちろん、ヨーロッパ諸国でも日本酒が買えるオンラインショップが開設されています。日本酒人気はまだまだ高まりそうです。 日本酒の輸出、連続で…www.mag2.com

via:MAG2NEWS

【海外の反応】日本酒の評価は?売られている?飲まれている? – HowTravelニュース日本酒が海外で人気を博しているとの報道が増えている。特に「獺祭」はフランスのミシュラン店でも取り扱われており、海外での評価は高級ワインに並ぶともいわれる。 これまでHowTravelニュースでは、そんな「海外で人気のある…www.howtravel.com

via:HOW TRAVELニュース

日本酒を海外へ売り込め!日本酒の販売促進イベントへのボランティア参加 | Global Vision 世界を視…今ここロンドンでも、和食の世界遺産登録と共に注目されている日本酒。ヨーロッパでは、 政府、日本酒の作り手、卸会社などが一丸になって、日本酒の販売促進攻勢を掛けて出しています。 その日本酒の海外への販売促進イベントに、IB…www.iccworld.co.jp

via:GLOVAL VISION

三重県の地酒(日本酒&焼酎)専門酒屋 『奥志摩の酒商人べんのや』伊勢志摩サミット開催決定で盛り上がる食の宝庫 三重県伊勢志摩にある『三重県』の地酒(日本酒・焼酎)の専門店です。作・酒屋八兵衛・天遊琳・田光・るみ子の酒等、人気上昇中の美味しい地酒を御案内致します!jizake-mie.jp

via:奥志摩の酒商人べんのや

訪日客の酒蔵巡り、酒税免税 日本酒の知名度もアップへ 政府、しぼむ“爆買い”を後押し – 産経ニュース政府が平成29年度税制改正で、訪日外国人観光客が酒蔵やワイナリーなどで酒を購入する場合の酒税を免税にする方向で調整に入ったことが14日、分かった。中国人旅行者の…www.sankei.com

via:産経ニュース

世界的日本酒ブーム到来!?米・仏・豪を始め世界的に”日本酒”の人気が高まっている!! – NAVER まとめ日本のお酒と言えば、日本酒。この日本酒が世界的に飲まれているようです。※注意 お酒は20歳になってからです。matome.naver.jp

via:NAVERまとめ

外国人に人気の日本のお酒4選!日本酒や焼酎でのお気に入りは? | FRON [フロン]先日の国際交流イベントでは、外国人参加者の方に好きな日本のお酒を聞いてみました!海外では日本酒ブームと取り上げられることもありますが、実際に日本に住んでいる外国人の方は、どんな日本のお酒が好きなのでしょうか?今回は聞いた…fron.tokyo

via:FRON

via:BAR TIMES

Pairing sake with food – Tengu SakeTengu Sake’s handy guide to pairing sake with food. How temperature & style affects pairings, and some crackin…www.tengusake.com

via:TENGU SAKE

日本酒・日本食を世界の人へ – 地酒試飲&ディナー – フランス生活情報 フランスニュースダイジェスト極上の日本酒と日本料理の魅力を紹介するイベントが、ドイツのデュッセルドルフで開かれたwww.newsdigest.fr

via:News Digest