今、仕事をしている人や、受験をする高校生や学生の間でも人気の「朝活」。ただ早起きをするだけではありません。一体どういったものなのでしょうか。

朝活とは、簡単に言えば夜にする勉強や読書をする時間を朝にもってくるというものです。夜勉強して、明日実践しようと試みていても、一晩寝る事で忘れてしまったりするものですが、朝から勉強していればそのまま実践できると話す方も大く、夜は早めにしっかりと睡眠をとり、朝に活動することで仕事も効率よくすすむといいます。

私の尊敬する方もおっしゃっていました。朝の時間は、自分の努力で早起きさえできれば、周囲の邪魔が入らず、ひとり静かに自分の好きな事ができる時間になりえるはず。その時間の使い方で他人と差をつけられる、と。周りからの雑念に心とらわれずに、自分の妄想力を思う存分発揮して、朝の時間で新しい自分を発見してみるというのはいかがなものでしょうか、と。そして、あとは自分がやるかやらないかであると。

私も朝の早起きオススメ習慣を尊敬する方の勧め通り実践してみました。最初はキツかった早起き習慣でしたが、一週間もすると慣れてきました。早速、早起き読書です。朝の清々しい静かなひと時の中で自分の愛読書などに目を傾けながら美味しいモーニングコーヒーを飲み、くつろぐというのも楽しい習慣になりました。

朝にゆとりのある方でしたら、OPENしたてのカフェなどに行ってモーニンセットやコーヒーなど飲みながら、BGMの流れる店内でくつろぎながらの仕事整理や、読書をしたりするのもいいかもしれませんね。

メリットは色々あると思います。周りからの邪魔がないので、集中ができる。本などで得た知識を、その日の内にすぐ実践できる。朝活がいい面としては、多くの方がおっしゃるとおりです。外部からの邪魔が入りにくいので集中力が高まるうえ、睡眠後で頭の回転が早くなっているはずです。

さすがに、この季節朝起きなんて。と思う方もおられるでしょう。そんな方は一工夫して、起きる30分前からタイマーで暖房器具の電源をつけて、室内を温めておくなど早起きのために実践してみましょう。早起きができるようになるための「朝活手帳」にも注目が集まっています。

きっと後悔しない、自分だけの楽しいひと時があなたを待っているはずです。朝活、一度お試し下さい。

「朝活の第一人者」が実践する、早起きで毎日を輝かせる方法を提案します!「朝の余白で人生を変える」発売です!:時…[株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン]株式会社ディスカヴァー・トゥエンティワン(取締役社長:干場弓子、本社:東京都千代田区)は、朝活の第一人者、池田千恵さんによる『朝の余白で人生を変える』を発売しました。朝の余白時…www.jiji.com

via: 時事ドットコムニュース