ふるさと納税」。聞いたことのある方は多いかと思いますが、詳しくはわかっていないという方も多いのではないでしょうか。現在CMでは鈴木奈々さんと大森南朋さんが「さとふる」という、ふるさと納税サイトに出演しています。

「ふるさと納税」とは、好きな地域の自治体を応援する寄付金のことで、寄付をした方にはその土地ならではのお礼品(お肉やお魚など!)がもらえるという仕組み。お礼品を通じて新たに地域の魅力を知ることができ、地域づくりにも貢献できます。

寄附したお金は、今年払った所得税から一部戻ってきます。その後、翌年度の住民税から差し引かれます。確定申告も必要なのですが、確定申告が不要になる「ふるさと納税ワンストップ特例制度」というものもあり、これは寄付した年の所得について確定申告をする必要がなく、さらに1年間のふるさと納税納付先自治体が5つまでの人に適用されるとのこと。

  • 地方自治体からお礼品がもらえる
  • 確定申告で税金還付・控除される
  • 好きな地域を選べる
  • 寄付の用途も選べる
  • 複数地域に寄付できる

このようなメリットから、今「ふるさと納税」が注目を集めています。

個人的には寄付の使い道が選べるというところが大きいように感じています。特定の地域を応援したいけど、何に使われているかわからなければ不安。例えば、災害に強い街にしてほしい!そのために納税した場合は自治体の整備関係へ使用され、子育て支援に使って欲しい場合は、自治体の子育て支援のために、救急医療を充実してほしい場合は自治体の医療・福祉に使用してもらえます。

そしてやはり気になるのが、「お礼品」!
鶏肉・豚肉・ハンバーグ・ステーキといったお肉をはじめ、魚介類は干物や刺身、エビ・カニなどなど。そして麺類や米類もあり、うどんやラーメン、そばといった商品も。乳製品、加工品、惣菜、お菓子・スイーツ、飲料と様々。食べ物の他にも雑貨や旅行券もあります!

大阪府枚方市では寄付金額100,000円の場合、「ひらかたパーク入園券+フリーパス引換券(おとな4枚・こども3枚)+オリジナルグッズセット」などがもらえます!現在、V6の岡田くんが「超ひらパー兄さん」としてCM出演している通称「ひらパー」です!

岡田くん主演の映画「海賊と呼ばれた男」のパロディポスターなどが注目されるひらパー(笑)。いつか行ってみたいものです。

このように、ふるさと納税のお礼品は食品から旅行券まで様々。私たちの住む鹿児島県からは、特産品であるさつま揚げセットや焼酎呑み比べセット、黒さつま鶏の加工品詰め合わせセットなど鹿児島県ならではの美味しい品が勢ぞろいしています。

そして、東京都内では初!東京メトロ有楽町線の銀座一丁目駅(東京都中央区)に「ふるさと納税であなたと地域をつなぐ自販機」が登場しました。

全国の飲料を購入できるとともに、QRコード、ICタグをスマートフォンなどで読み取ると、飲料提供地の「ふるさと納税」情報を掲載するウェブサイト「ふるさとチョイス」につながり、手軽に「ふるさと納税」が行えるというものです。

手軽に様々な地域を応援することのできる「ふるさと納税」。実際に多くの人々の寄付のおかげで、人口が増えたという街も存在します。

来年度はあなたも「ふるさと納税」について、ちょっと考えてみてはいかがでしょうか?

ふるさと納税とは? 初めての方へ | ふるさと納税サイト「さとふる」寄付を通じて地域の人を応援、お礼品を通じてあらたな地域の魅力を知る。寄付金を有効活用した地域づくりに貢献でき、地域の生産者も喜び、寄付した人もお得になる、みんなが幸せになれる制度がふるさと納税です。www.satofull.jp

via:さとふる

駅に都内初「ふるさと納税」自販機を設置、そこにある意図とは? 東京メトロ | 乗りものニュース東京メトロの銀座一丁目駅に「ふるさと納税」が手軽にできるという、東京都内で初の自動販売機が登場。「自販機の特性」を生かし、地域貢献する取り組みといいます。trafficnews.jp

via:乗り物ニュース