fbpx
2018.8.10:フリーペーパーVol.29発刊!

パラフェス2016 ド派手なパフォーマンスで会場を盛り上げる

11月22日に障害者スポーツと音楽の祭典「パラフェス2016」が開催されました。
パラフェスには5000人が訪れたとのこと。

パラフェスはリオパラリンピックのメダリスト達によるパフォーマンスとミュージシャン・ダンサーとのコラボレーションイベントです。

パラフェスは会場床面を使ったプロジェクションマッピングや会場を真っ暗にしたブラインドコンサート、SMAP香取慎吾が描いたパラサポオフィスの壁画メインキングムービーなどを上映した。

パラスポーツを応援するアーティストには「大黒摩季」「サラ・オレイン」「マーティ・フリードマン」などが出演し、パラリンピックのメダリストでは400m銅メダルの「辻沙絵」ウィルチェアーラグビー銅メダルの「今井友明」などが応援に駆けつけました。

開会の挨拶では日本財団パラリンピックサポートセンターの山脇康会長は

「今日の主役はここにいる全員。障害のある人もない人も全員一体となって、ともに楽しみ、インクルーシブな世界をつくっていこう」

と話しています。
開催を提案したパラリンピック推進議員連盟作業チーム座長の野田聖子さんは

「アスリートとしての超人ぶりを見て頂くため、距離を縮めたいと考えていた」
「固定されたイメージを壊すクールなムーブメントにしたい」

と熱い思いを話しています。

 

http://www.parasapo.tokyo/parafes/

via:Para Fes

障害者スポーツと音楽の祭典 大黒摩季さんや池崎大輔選手も登場

via:福祉新聞