師走に入り、年末へ向けてのお金の出費はかなりのもの、心してお金の管理をしないとかなりの出費をしてしまいます。恋人や家族とのクリスマスに、会社や田舎の友人との忘年会、新年会に、昔の仲間との同窓会、そして何度も仲の良い友達と同窓会を繰り返したり、たまにしか帰れない田舎への帰省、などなどたくさんお金を使うシーンが出てきますね。

確かに、ボーナスシーズンで懐の具合は調子が良いという人もいるかもしれませんが、それにかまけてお金を使い込んでしまっていては、お金は貯まらないし、良いお金の使い方はできないでしょう。

みなさんは「マネーハック」という言葉を聞いた事がありますでしょうか?ハックは「術」の意味で、「マネー」と「ライフハック」を合わせた造語です。

電子マネーやクレジットカードの普及により、キャッシュレスな時代に突入しました。iPhone7をお持ちの方は、お財布ケータイ・クイックペイでついつい使いすぎてしまうという方も多いのかもしれません。

ライフハックはITスキルを使って仕事を効率よくこなすちょっとしたコツを指し、2004年に米国のテクニカルライターが考案した言葉とされる。マネーハックはライフハックの手法を、マネーの世界に応用して人生を豊かにしようというノウハウや知恵のこと。

しかし、ITスキルに頼ったお金の管理には便利な面が多いように感じます。何かと物入りな年末年始は、給与口座から他の口座にいくらか移動してみたりと、使いすぎないために、ITだからこそすぐに対応できる方法もあります。

このように、マネーハックでお金の管理を効率的に行い自分のこれから先の費用としても管理を行ってみてはいかがでしょうか。

年末年始は何かと物入り。イベントや急な誘いで出費も増えがちです。

最初から予算にめどをつけておく事が大事ですね。そして、あらかじめこの日は、二次会がありそうだな、年明けには親戚にお年玉をあげなくてはならないななどと予定を立てておく必要があります。不確定要素も仮の予算を組んでおきましょう!

普段の生活費とは切り離した口座で保管する方が、普段からの口座で引き落としてしまう使いすぎを防げるかもしれません。

マネーハックと年の瀬の大出費はどうしても切り離せない、大打撃を防ぐための良い方法です。皆さんも、自分なりのマネーハック術を身につけて、いつの日にも耐えうる大事な財産を管理しましょう。

年末年始の家計の大敵 「ハレ出費」は計画的に対処|マネー研究所|NIKKEI STYLE 今月のマネーハック、お題は「年の瀬」です。2016年もあっという間に12月に入りました。例年、今の時期は忘年会の日程調整が始まるなど、年の瀬気分が高まります。また、クリスマスに向けて気分がウキウキしますが、その後は年末…style.nikkei.com

via: 日経電子版