暦も師走に入り、皆さん忙しい時期を過ごされてるのではないですか?私は日々の仕事に、2人の幼児の育児、それから持病の管理と忘年会の予定、クリスマス、長女の誕生日、年賀状の準備、年末に控えている引越しの準備、年末の大掃除や帰省と大忙しの予定の中で過ごしています。

なんとか自分の時間を無理矢理にでも作って毎日を過ごしている方も多いことでしょう。

年末になると「年末うつ」を発症する人が多いといいます。年末うつとは、読んで字のごとく年の暮れに不調になってしまうこと。

その主な要因は2つ考えられ、1つは年末の忙しさ、あるいは周囲が家族や友人と過ごす中での孤独感といった心理的・社会的な問題だといいます。

年末には色々なイベントごとがあったり、周りと一体になる事も多々ありますよね。その時などに感じるものです。

そして、「冬季うつ」といって、冬場は日照時間が短くなることによって脳内ホルモンなどに変化が起こるといった生物学的な問題が挙げられるそうです。

ノルウェーやスウェーデンなどは、日照時間が少ないことなどでうつ病が多いとか。

スウェーデン人の実に9割が、程度の差はあれ季節性情動障害(SAD)、いわゆる「冬季うつ」を訴える。専門の精神科医によると、孤独感、倦怠(けんたい)感、アルコールや甘いものの消費量が増えるといった症状を呈するという。

年末うつセルフチェック

  • 何となく気分が落ち込む
  • 秋口以降に症状が現れる
  • 夜寝つけない、あるいは途中で何度も目覚めてしまったり、朝非常に早く目覚めてしまったりする
  • 物事に集中できない
  • 気力がわかない
  • 強い不安感や、焦りがある

年末は行事が立て込んでいたり、非常に多忙な方が多いことでしょう。無意識のうちに年末うつに陥っている可能性も。ちょっとおかしいな、と思ったら症状を放置せず、少しペースダウンして休養をとることも大切です。

年末年始の休暇も、これまで多忙に過ごしていた分ガクッと体調を崩さないよう、日頃のペースを意識して過ごしてみましょう。

これからの時期は“年末うつ”に要注意 年末年始に心が弱るのは何故? | ガジェット通信年末に近づくにつれて、クリスマスや忘年会など、1年のうちでもっとも慌ただしい時期がやってきます。そんな年末に注意しなければならないのが「年末うつ」です。 幸せそうな雰囲気や慌ただしさが、余計に孤独感…getnews.jp

via: ガジェット通信

闇よ消え去れ!北欧、「冬季うつ」を光で撃退 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News【1月4日 AFP】北欧諸国には毎年、冬将軍が暗幕を下ろす。www.afpbb.com

via:AFP BBニュース