知っていますか?
認知症などによる行方不明者は3年連続で1万人を越えています。

そのうち2%の方は行方不明のままのようです。
毎年およそ200名以上の行方がわからないままなのです。

そんな認知症の方が行方不明になる事件が多い中、GPS端末を靴の中に埋め込むことで介護する家族が位置を確認するサービスがあります。

その名も「きらめきシューズ」です。

useto_new

画像引用:きらめきシューズ

もちろんこのサービスは祖父母の場所を把握したい場合だけでなく、「出かけ先で別行動をとるとき」「お留守番をしているとき」「子どもの帰宅が遅いとき」などさまざまなシーンで使うことができます。

取り付け方は簡単で、かかとの部分を上げて「かんたんGPS」を入れるだけです。

howto_image2

画像引用:きらめきシューズ

初期費用は35,000円と高めですが月々は通信費用の1,500円となり家庭にもリーズナブルです。

わたしも以前、祖父が自宅に戻らず父と探し回った経験があります。
その時の父の顔を忘れることができません。
(祖父は無事戻りましたが…)

ぜひともケアマネージャーなどと連携をして、祖父母の安全のために取り入れてみてはいかがでしょうか?

 

GPS機能付きシューズ|きらめきシューズwww.brilliantstar.link

via:きらめきシューズ

via:ケアマネタイムス