人間笑わないとつらいで〜!」そう語ったのはダウンタウンの松本人志さん。

大晦日では恒例のバラエティー番組となった「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで 笑ってはいけない」シリーズで松ちゃんが発言した言葉である。

笑ってはいけないシリーズは2003年から始まったガキ使の罰ゲームシリーズで、笑ったら柔らかそう?な棒でお尻を叩かれるというルールである。

最初に始まった「笑ってはいけない温泉宿1泊2日の旅」。松ちゃん、月亭邦正さん(山崎邦正)、ココリコ(遠藤章造さん、田中直樹さん)の4人が罰ゲームを受けるというものだった。

一方の浜田雅功さんはこの時は仕掛け人として登場し、次々に笑った4人に罰ゲームを与えている。4人の部屋に浜ちゃんが訪れたときのシーンだ。笑えないし罰ゲームをくらいまくる4人は浜ちゃんに愚痴り始める。

俺笑ってへんねーん!!」「ジャッジがおかしいぞ!!イライラをハマちゃんにぶつけてくるのだ。

そこでハマちゃんは4人に「じゃあ今だけ(1分〜2分ぐらい?)笑ってもOKとしといてやるわ」と言ったのだ。すると4人は嬉しそうに笑っていた。

このシーンをスタジオのビデオで観ていた松ちゃんがワイプ画面でこんな事を言っている。

この時は本当に嬉しかったよな〜、ストレス半端なかったもんな〜。人間本当に笑わないとつらいでー!!

そう、人間笑うことは1番の薬といってもいいぐらいの効果がある。免疫力が上がる、ストレスを解消できる、痛みの軽減など…。

笑いは自律神経に作用されて緊張とリラックスを適度に切り替えて活性化することができる。

そして脳にもドーパミンの分泌を促し、白血球を活性化させる効果もある、ガン細胞も小さくなるといった例もあるなど笑うとこういった病気を遠ざけるメリットがあるのだ。

他にも自分が暗い顔でいると、周りにいる人にも暗い影響を与えるかもしれない。相手と笑顔で接したり、笑ったりすればその場の雰囲気も明るくなるし、楽しくなるだろう。

笑うこと、というのは心も体も明るくしてくれるいい薬なのだ。あなたは最近どんな事で笑顔になっただろうか。たまにはおもいっきり笑ってみてはいかがだろう。