fbpx
2018.8.10:フリーペーパーVol.29発刊!

2016 インフルエンザの猛威! 食べ物でインフルエンザを予防する方法

今年も11月中旬に入って、インフルエンザが少しずつ猛威を奮ってきています。

インフルエンザは去年よりも5倍の勢いで猛威を奮っており、報告では

10月24日~10月30日の第43週の患者報告数が2329となり、昨年同期の661の4.7倍

と、かなりのスピードで広がっています。
特に東北北関東での報告が増加しているようです。

そんなインフルエンザですが、食べ物で予防することができるようです。
食べるものを一工夫して、今年のインフルエンザを予防しましょう!

まず、インフルエンザの予防に効果的な食べ物の代表的なものとして「生姜」があります。

img_8907_3-4183

セスキペルテン」という成分が入っているため、咳や鼻水を抑えてくれます。

鼻や喉の粘膜などに付いたインフルエンザウイルスを撃退してくれる抗ウイルス性の分泌を促す働きがある

と、抗ウイルス性の分泌を促してくれるのはうれしいですね!

次に「納豆」です。

4432576288_1541ffd676_b

画像引用:flickr

納豆には

抗ウィルス作用のあるジピコリン酸という成分が、ウィルスから感染する病気に効果があると言われています。

とあるように、O-157サルモネラ菌も予防することができるようです。
良質なタンパク質も摂取することができるので、タンパク質は免疫力を高める栄養素にもなります。

また、みかんやグレープフルーツに入っている「ビタミンC」もインフルエンザに効果的だと言われています。

storm-0914-fruit-032

ビタミンCについては医学的には賛否両論ではありますが、

1.活性酸素の消去(発熱やストレス等で過剰に発生)
2.免疫機能の増強(白血球やマクロファージ等の活性)
3.インターフェロンの産生促進(ウイルスと戦う)
4.ウイルスの不活性化

と、研究機関から報告が上がっています。
少なからず、ウイルスへの抵抗力は増やしてくれるのかもしれません。

ビタミンC以外にもサンマなどから摂ることができる「ビタミンD」

20161108211010

画像引用:AKIRAブログが小説・DVD・為になる情報を紹介!

ビタミンDは2010年に東京慈恵会医科大のチームから季節性インフルエンザに有効と報告が上がっているように、インフルエンザに有効です。

ビタミンDのサプリメントを服用した実験では発症率が半分近くに下がりました。

このビタミンDですが、本来ならビタミンDは太陽光を浴びることで体内で生成されます。
冬は太陽の光が弱いためや外に出る機会が減るため浴びる紫外線量が減り、体内に蓄積されるビタミンDが減ると言われています。

このため、ビタミンDが減る季節はインフルエンザが流行しやすい一因にもなっているといわれています。

 

このように食材によってインフルエンザを予防することができます。
去年インフルエンザになった!
という人は試してみてもいいかもしれません。

 

http://www.tanaka-cl.or.jp/anti-aging/topics/topics68/index.html

via:田中消化器科クリニック

http://www.akira-blog.com/entry/2016/11/09/000328

via:AKIRAブログが小説・DVD・為になる情報を紹介!

http://www.j-cast.com/healthcare/2016/11/07282790.html

via:J-CASTヘルスケア

http://kisetsunobyoki.com/743.html

via:季節の病気ナビ