fbpx
2024/5/10:フリーペーパーvol.98発刊!

フィンランド語の文字 – A ~ Ö・文字の読み方・大文字と小文字

フィンランド語は、英語と同じラテンアルファベット文字を使います。
しかし、英語にはないフィンランド語の発音を表わすための文字もあります。

この記事では、フィンランド語の文字の種類や読み方について解説します。

フィンランド語の文字

フィンランド語で使われる文字は、英語と同じラテンアルファベットです。
フィンランド語でアーッコセット(Aakkoset)と呼びます。
英語と違い、ダイアクリティカルマーク付きの ä ö å も使われます。

文字一覧

大文字 小文字 名前 読み 音価(IPA)
A a aa アー /ɑ/
B b bee ベー /b/
C c see セー /k/, /s/
D d dee デー /d/
E e ee エー /e/
F f äf, äffä アェフ、アッファ /f/
G g gee ゲー /g/
H h hoo ホー /h/
I i ii イー /i/
J j jii イィー /j/
K k koo コー /k/
L l äl アェル /l/
M m äm アェム /m/
N n än アェヌ /n/
O o oo オー /o/
P p pee ペー /p/
Q q kuu クー /k/
R r är アェル /r/
S s äs アェス /s/
T t tee テー /t/
U u uu ウー /u/
V v vee ヴェー /ʋ/
W w kaksois vee カクソイス・ヴェー /v/
X x äks アェクス /ks/
Y y yy ユー /y/
Z z tset, tseta ツェット、ツェタ /tts/
Å å ruotsalainen oo ルオッツァライネン・オー /o/
Ä ä ää アェー /æ/
Ö ö öö オェー /ø/

比較的新しい外来語を表記する場合を除くと、フィンランド語の表記に用いられる文字は
a, d, e, g, h, i, j, k, l, m, n, o, p, r, s, t, u, v, y, ä, öの21文字です。

b, c, f, q, w, x, z, å は外来の固有名詞(地名や人名など)、外来語の表記以外にはほとんど使いません。

w の kaksois vee とは「二重のvee」という意味です。

å の ruotsalainen oo とは「スウェーデンのoo」という意味で
スウェーデンの地名や人名に使います。

š と ž は借用語だけに使われます。š は sh で表記される事もあります。

g は ng という組み合わせの場合だけに現れ、単独で使われる事はありません。

文字の読み方

フィンランド語で使われる文字は、基本的に
一つの文字が一つの子音もしくは母音を表わしています。

母音が二つ続いていた場合、普通の母音の倍の長さを持つ長母音として
子音が二つ続いていた場合、同じ子音が二つ続く重子音として読みます。

同じ母音が二つ続いていて、なおかつ長母音でなく分けて読む場合は
アポストロフィ( ‘ )を間に置きます。

ä や ö のような特殊文字が使えない場合は、たとえば
ä を aa と表記しておいて、単語や母音調和で判断します。

r は歯茎ふるえ音で、舌先を振動させて「ラ」行を発音します。

yは母音で、「イ」と発音しながら唇を丸めて音を出します。

jは子音で、日本語のヤ行のような音です。

大文字と小文字

フィンランド語の表記でも、大文字と小文字は使い分けられます。

しかしフィンランド語では、文頭の単語、名前や国の名前を表わす単語の
一番最初の文字には大文字を使いますがそれ以外では大文字を使いません。

例えばフィンランドは Suomi と書きますが
フィンランド人は suomalainen
フィンランド語は suomea と書きます

参考

フィンランド語(日本語版Wikipedia)
フィンランド語アルファベット(日本語版Wikipedia)
Finnish alphabet(Simple English版Wikipedia)
Finnish language – Orthography(英語版Wikipedia)
ニューエクスプレスフィンランド語(白水社)
言語学大辞典セレクション ヨーロッパの言語(三省堂)

最新情報を購読しよう!

就労継続支援・就労移行支援事業者様へ

HIFUMIYO TIMESでは毎月フリーペーパー版を発行しており、各エリア版の加盟店を募集中です。福祉事業者に最適なブランディングと広報力をご提供します。詳しくはお問い合わせください。