発展途上国の経済発展のために今話題になっているのフェアートレードフェアートレードって何?って方も多いことでしょう。

簡単に説明すると、フェアートレードとは公平貿易と言い、発展途上国で作られた作物や製品を適切な価格で継続的に取引することによって、生産者の持続的な生活向上を支える仕組みの事を言います。

従来の一方的な国際協力・資金援助は、援助する側の都合によって左右され、持続性に欠けるという問題がありました。

商品は生産地から遠く離れた国際市場で一方的に価格が決められ、先進国で驚くほど安く流通しているのだ。このやり方では、生産者は充分な利益が得られない。ひいては生産者の生活が守られなくなり、生産性を上げるため、農薬などを用いて環境に無理な負荷をかけてしまうことに繋がる。こうした悪循環をなくすことを目的に、国際フェアトレード認証では、生産者の生活を支えるために必要な“最低価格”を定めている

c2531d575ede7eb2dd034a9b9a23d97d1画像引用:CSR JAPAN

今回、このフェアートレードを利用して発展途上国の課題解決障害者の自立を支援をしよう!という企画が行われたんです!

障害者の方々のアートを使用したコットン製品のOEM(相手先ブランドによる生産)供給を10月より開始しました。

オーガニックコットンを使ったおしゃれな商品により、障害を抱える方たちの自立支援につなげるとともにフェアトレードを知ってもらえる機会になればと、NPO法人EDUCAREのグラフィックデザイナー福島治氏が監修、プロデュースしています。

a93e6e_6eba4ca4cff04376bde9f03753378688

画像引用:フェアトレードコットンイニシアティブ

オーガニックコットンで作られるアイテムは次の5つ。

  • Tシャツ(3800円)
  • トートバッグ(大3000円、小2500円)
  • ペンケース(1500円)
  • ポーチ(1800円)
  • バンダナ(1300円)

デザインは、動物や植物、食べ物など女性が好みそうな素敵な商品ばかりです。

a93e6e_b539282ad48248849b496caf534db209mv1

a93e6e_7bab6908d53e4df096f1951dc01c643cmv1

画像引用:フェアトレードコットンイニシアティブ

a93e6e_124172467ca64be5a8c95631eeb7cfc0

各製品は国際フェアートレード認証とGOTS(オーガニック・テキスタイル世界基準)認証を受けており、オーガニックコットンを100%使用してできたもの。

国際フェアートレード認証(ラベル)とは、製品が国際フェアートレード基準に従い認証を受けている事を保証するものです。

保障内容・認証基準は次を満たしていること。

  • 生産者への適正な価格と長期的な取引
  • 生産者の社会的・経済的な発展
  • 生産物の品質と技術の向上
  • 生産者の労働環境と労働条件
  • 生産地の環境保全

59_01

画像引用:FAIRTADE JAPAN

しかし、まだまだ日本ではフェアトレードに対し、意識が低いと言います。

国際フェアトレード認証ラベル製品の市場規模は世界第1位の英国の約2,900億円に対し日本が2015年にようやく100億円に達したところです。2020年の東京五輪を控え自治体や大手企業の動きは活発な反面、一般消費者の意識は低いのが現状です。

今回のプロジェクトは、「フェアートレードをもっと身近に感じてもらいたい」という想いから、中間企業を介さず生産者と直接つながることによって適切な価格を実現出来たのだそう。

4月には、東京都墨田区の老舗バック企業とのコラボレーションにより、途上国の課題解決と同時に日本の伝統技術の承継に貢献するトートバックを販売。

障害者アートを国際フェアートレード基準で調達されたオーガニックコットンに使用した製品は初登場だそうです。

今後も、障害を持つ方の自立支援と共に、彼らのアート作品がより多くの人に認知され、「かわいい!素敵!ほしい!」と手にとってもらい、使い勝手もよくおしゃれな商品で消費者に喜んでもらえるといいですね。

日本も国際フェアートレード認証ラベル製品の市場規模が拡大し、生産者へも笑顔が増えていく事を期待したいです!

日本初登場! 「フェアトレード×オーガニックコットン×障害者アート」OEMを開始 | 共同通信PRワイヤー株式会社フェアトレードコットンイニシアティブ(東京千代田区)は、社会福祉法人東京コロニー アートビリティ(東京中野区)と協業し、障害者アートを使用したコットン製品のOEM(相手先ブランドによる生産)供…prw.kyodonews.jp

via:共同通信PRワイヤー

【神戸大学】学生フェアトレード団体が語る消費とCSR① | CSR JAPANCSRレポートというと日々の生活とやや遠い気がしてしまいますが、実は商品サービスを購入することで私たちとその企業が社会に貢献できる情報がたくさん掲載されています。今回は国際協力NGO「PEPUP(平和と自立のためのパート…www.csr-japan.jp

via:CSR JAPAN

認証の仕組み : フェアトレード・ラベル・ジャパン / Fairtrade Label Japanwww.fairtrade-jp.org

via:FAIRTADE JAPAN