fbpx
2021/07/10:フリーペーパーvol.64発刊!

百獣の王ライオンも新型コロナウイルスに感染 バルセロナ

感染ルートは担当飼育員からの可能性が濃厚

10日、スペインのバルセロナ動物園は、飼育されている4頭のライオンの新型コロナウイルス感染が確認されていたことを発表しました。これまで犬や猫、トラなどの動物に陽性反応が出た例も報告されていましたが、ライオンの感染は初めてです。

くしゃみなどの症状があるも、重症化せずに回復

感染したのは16歳のメス3頭と4歳のオス1頭。4頭にくしゃみなどの軽い症状が見られたため、PCR検査を実施したところ陽性反応を示し、新型コロナ感染が確認されました。
呼吸困難などの呼吸器系に重篤な症状はなく、抗炎症薬を投与するなどインフルエンザにかかった時と同様に慎重な経過観察を行い4頭の容体は快方へ。感染判明後、2週間ほどで咳とくしゃみ以外の症状が消えたそうです。

飼育員からの感染か?

4頭の感染が確認されたのは、同園の飼育員2人に陽性反応が出たのと同時期だったため、感染経路は飼育員である可能性が高いと考えられています。

飼育員から感染した例はほかにも

4月にはニューヨークのブロンクス動物園で、4歳のメスのトラが新型コロナウイルスに感染し、当時無症状だった飼育員から感染したと見られています。

身近な動物でいうとペットの犬や猫などが人から感染した例が報告されています。一緒に暮らしている動物と接する際も、帰宅時に手洗い・手消毒を済ませてから触れる、せきやくしゃみを近くでしない、などの人どうしで行うのと同様の感染予防対策を意識することが大切でしょう。

百獣の王ライオンでもウイルス感染を防ぐことは出来なかったようですが、さすがはネコ科動物。自然治癒力が高い。

最新情報を購読しよう!

就労継続支援・就労移行支援事業者様へ

HIFUMIYO TIMESでは毎月フリーペーパー版を発行しており、各エリア版の加盟店を募集中です。福祉事業者に最適なブランディングと広報力をご提供します。詳しくはお問い合わせください。