fbpx
2020/08/10:フリーペーパーvol.53発刊!

「感染心配していない」「重症化しない」基礎疾患を持つ自分としては心配です

感染者がさらに増えて、不安の日々が続く

緊急事態宣言を解除してから人の動きも活発になり、多くの新型コロナウイルス陽性者が出ています。感染者が止まっていた各都道府県にも少しずつ増加傾向があり、基礎疾患を抱える自分としては感染拡大の影響が心配になってきて、大きな不安が襲ってきました。

基礎疾患とは

感染した人がすべて重症化するというわけではない新型コロナウイルス。無症状でも陽性反応が出る人もいます。約8割の人が軽症状態で、そのまま治ることも多いとの報告もあります。

重症化しやすいと言われているのは、高齢者や妊婦、基礎疾患を持つ人が挙げられます。

基礎疾患とは、呼吸器疾患や糖尿病、透析を受けている患者、免疫抑制剤を使っている患者など多くあります。僕が患っている消化器系の病気も基礎疾患の1つとして対象となっています。

コロナにかからない自信って何?

20代から30代といった若者世代に感染者が増えています。
ニュースでよく見る街頭インタビューで、

・「自分はコロナにかからない自信がある」

といったことや、

・「自分の周りにコロナにかかった人がいないから大丈夫」
・「感染してもそんなに心配していないし、重症化もしないのではないか」

といった声をよく聞きます。

健康な人や1度も大きな病気になったことがない人からすれば「かかっても大丈夫」と思うのかもしれません。でも「なんでこのような発言ができるのだろう」と思っている人もいるでしょう。

疾患を抱えているから心配

僕は月に1回は通院に行って治療をしてもらっています。使う薬も大きな副作用を起こすことがまれにあります。例えば肺炎だったり結核だったりと、重症化してしまうことも0%ではありません。

これまでに10年以上も治療をしながら生活しています。僕は1度も治療薬での副作用にかかったことはないです。
でも新型コロナウイルスの影響で、肺のレントゲンを撮って異常がないかを確認してから治療を行うこととなりました。主治医も採血の検査数値を診て治療できるか判断し、看護師さんも常に側についてくれて「体調は大丈夫?」と聞いてくれます。

テレビでは「医療現場は余裕がある」とか「死亡率は低い」など色々と聞きますが、難病疾患を抱えている僕としては「もし自分が感染してしまったら重症化するのかな」とマイナス思考になってしまって、毎日心配でなりません。
基礎疾患を抱える自分、そして親戚の姉も5年前に乳がんにかかり治療をしています。薬の影響で免疫力が低下しているから本当に心配で、週に1回はお互いにメールや電話で連絡を取り合っています。

本当に今は、「3密を避ける」「マスクをして咳エチケットをする」「手洗いうがいをする」ことが大事。感染者が日に日に増加していて、クラスターも多く発生して大変なときです。
外出をするときには、周りのことも意識しながら行動をとってほしいと思います。

最新情報を購読しよう!

就労継続支援・就労移行支援事業者様へ

HIFUMIYO TIMESでは毎月フリーペーパー版を発行しており、各エリア版の加盟店を募集中です。福祉事業者に最適なブランディングと広報力をご提供します。詳しくはお問い合わせください。