fbpx
2020/05/10:フリーペーパーvol.50発刊!

日本のシティポップが海外でも注目されているワケ

シティ・ポップとは

1970年代から1980年代に日本で流行したポップスで、都会を感じさせるようなサウンドです。
シティ・ポップを歌う主なアーティストは山下達郎さんや、竹内まりやさん、杏里さん、角松敏生さん、大滝詠一さんなどが有名です。

夜にドライブしながら、夜景を見ながら聴きたい曲

シティ・ポップは都会を感じさせるような曲なので、ドライブしながらまたは、夜景を見ながら聴きたい曲でもあります。
山下達郎さんや角松敏生さんの曲を聴いて夜の街をドライブしてみたいです。

なぜ海外の人にシティポップが注目されているのか?

東京の神田新保町のレコード屋には、海外の人がちらほらいて、レコードを漁っている様子がテレビで放送されていました。
海外の人はどのアーティストのレコードを見ていたかというと、山下達郎さんや角松敏生さん、杏里さんんなどのレコードを見ていました。
なぜここまで海外の人にシティポップが注目されているのか。以前は、シティポップはあまり海外の人には聴かれていなかったのですが、YouTubeでシティポップの火がついたようです!
竹内まりやさんの『Plastic love』という非公式リミックスの動画をアップし、この原曲がYouTubeにアップされ、この関連動画に非公式リミックスの動画が出てきてから再生回数も増えたそうです。
それから海外の人たちにもシティポップが注目されていたようです。

シティポップを最近聴いてみた

シティポップというジャンルを知らなかった私。YouTubeでおすすめの動画に出てきたので、聴いてみるとまぁびっくり!完全にハマってしまいました(笑)
山下達郎さんや、竹内まりやさんなどのアーティストはもちろん知っていましたが、『シティポップ』というジャンルがあるということが前まで知らなかったです。
シティポップ気になる!という方は一度聴いてみてください!ハマります!

最新情報を購読しよう!

就労継続支援・就労移行支援事業者様へ

HIFUMIYO TIMESでは毎月フリーペーパー版を発行しており、各エリア版の加盟店を募集中です。福祉事業者に最適なブランディングと広報力をご提供します。詳しくはお問い合わせください。