fbpx
2020/06/10:フリーペーパーvol.51発刊!

緊急経済対策

1万2千円?

今回のコロナ禍で政治の世界もてんやわんや。安倍総理は緊急経済対策のために、全国民に1人1万2千円を大きく上回る現金をを配ると表明しました。政界では「ばらまき」「カネをやるより消費税をゼロに」「足りないからもっと出してやれ」云々と、なかなか決まりません。

なにより、全国民に1万2千プラスアルファで景気が刺激されると思っているところがすごい。やっぱり一部の案として出ている一人10万円が妥当だと思います。

5月末

今決めても支給が始まるのは5月末を想定しているらしいです。遅すぎ!

とはいえ、週末東京に行くなとか、不要不急の外出は控えよとか、東京をはじめとして、まるで戒厳令が出ているような状態の中、お金もらってもなぁ、というのが正直なところ。それより、「全国民にもれなくマスク100枚を、ド〜ンとプレゼント」のほうが私はうれしいかな?

そんなにカネがあるなら

今回の対策のために用意されたのは30兆円だそうですが、そんなに余分なカネがあるなら、毎年積み立てて震災や台風で全半壊した家を「任しとけ」と建て直すくらいのことはできますよね。天災王国日本の国民はそっちのほうが安心できると思うのですが。

もらえる人ともらえない人

この不景気に1万2千でももらえたら、うれしいですね。でも、ここに来て国民を3つに分けようとする動きも出てきました。一つはいわゆる富裕層。たったの1万2千くらいもらってもうれしくないほど年収が高い人には、あげなくてもよろしい。これは私も賛成です。

次に、中間層。これは文句なくもらえます。各種年金受給者、アルバイト、パートの人。これもなんとかもらえるでしょう。3つ目が問題です。生活保護。明らかに貧困層に属するわけですが、もらっても生活保護法を元に役所に取り上げられるか、保護費を一時減額または停止されます。

私の場合、2ヶ月に1度障害者年金が約13万円出ます。月収にすると6万5千円あまり。このため本来もらえる12万円の保護費が大幅に減額され、月5万円になるだけでなく、家賃やらなにやらを役所が天引きするので、手取りは1万5千程度。それから水道光熱費を払うと手元にはほとんど残りません。

幸いにして、保佐人がついているので預金から月額なにがしかのお金をもらって食うには困らないのですが、あとに残らないので何もできないというのがつらいところです。

1万2千もらったら

全部食費に消えちゃいますね。外食はしませんが朝昼2食自炊となると、どんなに質素にしても、それなりにお金ってかかりますから。

問題なのは支給方法ですね。これはこちらが希望する方法を複数用意してほしいです。

  1. 現金手渡し
  2. キャッシュレス口座へのオートチャージ
  3. 銀行振込

この内1か2が私としてはいいなと思っています。マイナンバーカードを持っている人は納税のために、銀行口座が紐付けられているので、銀行振込になるでしょうが、1億3000万人のうち、25万人分しか発行できていないので、ほとんどが手渡しになるか、「口座を知らせよ」という通知が来るか、「早くマイナンバーカードを作れ」とかの督促が来るでしょう。

ちなみに私はマイナンバーカードの申請を「顔がヘン」という理由で3回拒否られています。写真代もタダじゃないので拒否られると悔しいし、懐にも痛いんですよね。

ここに来て

安倍さんは「当面キャッシュがない人」に優先支給すると言い始めました。えええ〜? 始めと言っていることが随分ショボくなってないかい? ま、キャッシュがない人には私も入るのですが、不要不急の外出は控えて、とか、旅行はNGとかじゃ、みんな銀行に預けて市中にお金は回りません。やっぱり現金よりも「全国民にマスク100枚プレゼント」のほうがいいですよ。

エイプリルフール?

ここにきて安倍首相はとんでもないことを言い出しました。「全世帯に、布マスク2枚を配布する」まさかのエイプリルフール? 確かに人口動態調査では一人住まいや二人住まいが多くを占めますが、1世帯2枚じゃ足らないでしょう。

あのマスク、1枚200円だそうです。お〜い1人12000はどこいった〜? いきなり超ショボい話が飛び出しましたよ。麻生さんは麻生さんで「リーマン・ショックのときウケなかったので、ターゲットを絞って…」なんて言い始めるし。ウケで政治しちゃいかんでしょ。

お金の話はおいといて、あのマスク、小さすぎやしませんか? わたしゃ答弁や記者の囲み取材のとき、いつ安倍さんの鼻の穴や下唇が飛び出すかハラハラして見てましたが。配給するならするで、もっと大きなものをいただきたいと思います。400円あれば、本来ならスーパーで箱入り50枚が買えるんですよ。

最新情報を購読しよう!

就労継続支援・就労移行支援事業者様へ

HIFUMIYO TIMESでは毎月フリーペーパー版を発行しており、各エリア版の加盟店を募集中です。福祉事業者に最適なブランディングと広報力をご提供します。詳しくはお問い合わせください。