fbpx
2020/06/10:フリーペーパーvol.51発刊!

マスク詐欺には注意しましょう!

マスク不足

全国的にまだまだマスクが不足してますね。オークションでは高額転売が禁止されましたが、Yahooショッピングや楽天では、手数料を払って出店している、現金問屋が通常市価の5〜10倍の値段で堂々と売っています。「転売品ではない」と説明していますが、NETで売るほど在庫を持っているということは、真っ当な方法で仕入れたものじゃないですね。

この際だから

50枚入りの箱が安定供給されるまで、マスクを統制品に指定して、配給切符(ふ…古っ)がないと買えないようにするのはどうでしょうか?切符は1家族1枚を週1回配布、配布時にバーコードで所有者を管理して免許証かマイナンバーカードで本人確認するようにすると転売屋も現金問屋も手が出せなくなります。

海外発注

国内で40〜50枚まとまった箱入りを常識的な価格で入手するのは不可能なので、多少高くてもアマゾンのマケプレなら海外からの出品があるかもと検索してみました。すると検索のトップに出てきたのは40枚箱入り、在庫ありで1879円(送込)。

推定市価の3倍強。出品者のプロパティを見ると中国人。念のために住所と電話番号を控えて、カートに入れておいて50枚入りと100枚入りも見てみました。すると出品者のアカウントと住所、電話番号が違うだけで、セールスメッセージや写真がコピペの使いまわし。それに加え、中国もまだまだ大変な時期にこれだけのブツを出品できるのは不自然。

どこかからの横流し品かと思いましたが、この際、背に腹は変えられず、出どころを云々しても始まらないので40枚入り1箱をカード発注しました。

翌日、アマゾンから発送通知。日本通運での発送、中2日で到着とありました。通常中国の業者と取引すると最低2週間から1ヶ月待たされるので、この速さは異様。配送が日通だから飛行機に載せるのかと思い到着を待ちました。

ところが

業者が指定してきた期日を過ぎても品物が届きません。期日から2日後、しびれを切らせて注文履歴から業者のページに飛ぶと、品切れの表示が出ましたが、夜になってもう一度確認しようとしたら「リクエストされたURLはアマゾンの正式なURLではありません」という表示が。

どうやら業者がアカウントごと消して逃亡したようです。注文前に控えた電話番号に何度電話しても応答なし。閲覧履歴を片っ端から調べて、消し忘れたらしいページに飛んで、業者の評価を見ると、大変なことになっていました。複数のアカウント、複数の住所、電話番号を使い分けて、評価は最低の星1つ。「うそつき」「泥棒」「詐欺師」の文字が踊っていました。品物の即時引き渡しを求めたり返金を求める書き込みも多数ありました。

数時間後、アマゾンから「マーケットプレイス保証の対象になるので、リンクからキャンセル手続きをしてください」というメールが来たので(こちらからアマゾンに対しては何のアクションも起こしてはいない)、早速手続きをすると、わずか数分でネット決済用カードに返金がありました。

うまい話にはウラがある

おそらく、この中国人は何らかの方法で日本のマスク不足を知り、一攫千金を狙ったのだろうと思います。ある程度集めたら知らん顔を決めこむ腹積もりだったのでしょう。マケプレがどういう支払いシステムをとっているかは知りませんが、キャンセルやクレームなどがあることを想定して、即金では支払わず、入金があったことと注文主の住所、氏名だけ知らせて、毎月1回、業者の口座にまとめて振り込むようになっていると思います。

ネット上ではyahooや楽天に手数料を払って出店している現金問屋が常識外れの法外な価格でマスクを売っていますから、アマゾンマーケットプレイスのチャイナ価格はとても魅力的でした。市価の3倍強の値段も送料込みと思えば安いと感じました。でもこれで懲りました。アマゾンではマケプレにしかない場合でも国内の会社かアマゾンが発送すると明記された商品以外はもう買いません。中国の業者はもうこりごりです。

最新情報を購読しよう!

就労継続支援・就労移行支援事業者様へ

HIFUMIYO TIMESでは毎月フリーペーパー版を発行しており、各エリア版の加盟店を募集中です。福祉事業者に最適なブランディングと広報力をご提供します。詳しくはお問い合わせください。