fbpx
2019.10.10:フリーペーパーVol.43発刊!

今年のインフルエンザは全国で異例の早さで流行!

去年より2ヶ月も早く、予防の呼びかけが!

大体12月から3月と寒い時期に流行るインフルエンザ。10月に入ったばかりですが、全国で「予防対策をするように」と東京都から発表がありました。2010年以降、最も早い流行とのことで注意が必要です。

相次ぐ学級閉鎖

命の危険もあるインフルエンザ。
9月25日に東京都が「手洗いやうがいなどの予防対策をするように」と呼びかけています。

小学校や中学校でもインフルエンザの流行で欠席している児童や生徒が多く、学級閉鎖も相次いでいるとのことです。

インフルエンザの予防

くしゃみや咳をすると、空気にウイルスが拡散されてしまいます。これを「空気感染」といって、周囲の人にも感染してしまう恐れがあるのです。

そして手で口を塞いでくしゃみをする方もいますが、その抑えた手で他の物に触れたりすると、「接触感染」といって他人にもウイルスが付着してしまうのです。

あと「風邪かな?」とか「身体がだるいな?」と感じた方は、なるべく自宅で静養するのが良いでしょう。そしてなかなか体調が治らなければ、病院ですぐ診てもらいましょう。

基本的なインフルエンザの予防策をまとめてみます。

・外に出るときはマスクを付ける
・外から帰ったら、手洗いうがいをする
・十分な睡眠を取る
・ワクチンを打ってもらう
・水分補給をこまめに摂取する

といったことをしっかりすることです。

呼びかけ、対策をしっかりと

今年は異例の早さで、全国にインフルエンザが流行しています。特に沖縄県では、夏休み明けに急上昇して、警報が出るほど患者数が増えているとのこと。

僕の会社でも予防対策として、マスクを付けることを徹底的に呼びかけています。

調査によると、全国で「4人に1人はインフルエンザの予防対策をしていない」という情報もあり、これを聞いてびっくりしました。

「まだ大丈夫」といった考えは止めて、基本的な予防策である「マスクの着用、手洗いとうがい、消毒液を使う」ことを必ず行うようにしてください。

最新情報を購読しよう!

就労継続支援・就労移行支援事業者様へ

HIFUMIYO TIMESでは毎月フリーペーパー版を発行しており、各エリア版の加盟店を募集中です。福祉事業者に最適なブランディングと広報力をご提供します。詳しくはお問い合わせください。