fbpx
2019.10.10:フリーペーパーVol.43発刊!

ラグビーワールドカップ、テレビで全試合を生中継できませんか?

せっかくの日本開催なのに、テレビ中継が少ない!!

9月20日に開幕したラグビーワールドカップ日本大会。スタジアムは満員になるほど盛り上がっていますが、テレビ中継が少ないと感じます。せっかく日本での開催なのに「なぜテレビ中継がこんなに少ないの?」と思いました。

世界三大スポーツの1つ

日本で、そしてアジアで初めて開催されたラグビーワールドカップ。

夏季オリンピック、サッカーワールドカップ、ラグビーワールドカップは「世界三大スポーツ」と言われているほど、世界で人気のスポーツイベントです。

2015年イングランド大会では、日本代表が優勝候補の南アフリカを下しジャイアントキリングを見せてくれました。

その日本代表は開幕試合でロシアに快勝し、好スタートを切りました。そして優勝候補のアイルランドにも見事勝利して、日本中が沸いています。

今大会も優勝候補の1つ、ニュージーランド。愛称は「オールブラックス」と呼ばれ、試合開始前には「ハカ」と呼ばれる伝統の踊りを披露してくれます。この迫力がある踊りを生で観られるのは滅多にありません。

テレビ中継は3つだけ

ラグビーワールドカップをテレビで観る人は、世界で40億人とも言われています。

そんな世界三大スポーツのビッグイベントを中継してくれるのは3つ。

・NHK
・日本テレビ
・J SPORTS

夏季オリンピックやサッカーワールドカップは、ほとんどのテレビ局が放送してくれるのに、ラグビーワールドカップはこんなにも少ないのは残念すぎます。

全48試合あるうちの19試合を日本テレビで。NHKは総合テレビのほか、NHKBS1で放送、再放送もしています。地上波ではなんと22試合しか試合が中継されません。

もっとも放送が多いのが有料放送のJ SPORTSで、全48試合を中継してくれます。

あとネット中継でも生配信しているところもあります。

中継が少なすぎる

本当にラグビーワールドカップのテレビ中継が少なすぎます。

サッカーロシアワールドカップと夏季オリンピックと比べたら本当に少ないです。ラグビーも世界三大スポーツと言われているのに。

ラグビーはというと、日本では野球やサッカーと比べたら人気が少ないということもあるでしょう。

大学ラグビーや社会人ラグビーは人気はありますが、中継があるのは土日の昼のNHKで放送するぐらい。

ルールや反則の意味が分からない

そしてまずルールが分からない人も多いかもしれません。ラグビー中継を観てて、審判が笛を吹くと、
「今、何のファウル?何が起きたの?」
と思う人もいると思います。

そしてテレビ画面の下にファウルの名称と説明のテロップが流れますよね。

・ノックオン
・ノットリリースザボール
・ノットロールアウェイ
・オーバーザトップ
・オーバータイム
・ハイタックル

など、ラグビーの反則は20個以上もあります。どれがどのような反則なのか理解してないと楽しめないでしょう。

でもテロップの説明のおかげで、ルールが分かりやすくなり、試合を見るのが楽しいといった声も多くあります。

全試合を中継して

僕もラグビーはあまり観なかったし、ルールも知りませんでした。
でも2015年大会、日本代表のジャイアントキリングを観て「すげー!!」と思ったから、日本開催のラグビーワールドカップを観てもらって、

「ラグビー人気が広まれば嬉しいな」

と思いました。

芸能人の方がテレビでたくさんラグビーワールドカップの告知をしてくれますが、活躍するのは選手です。

夏季オリンピックやサッカーワールドカップのように、全試合を生中継することはできないのでしょうか?やはり視聴率の問題など、大人の事情があるのでしょうか?

海外から来たファンの方も日本でラグビーの試合をテレビで観る方もいます。でも中継がないと観られません。

「日本開催なのに、なんでテレビで中継がないんだ!」

と思う方もたくさんいるかもしれません。

スタンドには超満員になるほど観客が集まって、選手たちに熱い声援を送っています。

日本代表の試合だけではなく、20カ国出場した国の迫力のある試合を全試合地上波で観られたら嬉しいです。ハイライトやスポーツニュースだけで試合結果を流すのだけは本当に残念です。

最新情報を購読しよう!

就労継続支援・就労移行支援事業者様へ

HIFUMIYO TIMESでは毎月フリーペーパー版を発行しており、各エリア版の加盟店を募集中です。福祉事業者に最適なブランディングと広報力をご提供します。詳しくはお問い合わせください。