今回皆さんに改めて考えてもらいたい『乳がん』

女性の間で近年急増している病です

乳がんといえば、最近では歌舞伎俳優の市川海老蔵さんの妻でフリーアナウンサーの小林麻央さんも闘病中であると公表されました。

会見翌日には、全国の婦人科に乳がん検診の予約希望の電話が殺到したんだとか…!

市川海老蔵(38才)の会見翌日の6月10日。妻・麻央(33才)の闘病生活を知った女性たちが、乳がん検診の予約に殺到し、多くの病院ではいつになく慌ただしい雰囲気となった。

「平日なのに、待合室はあふれんばかりの人がいて…。診察を受けるまでに2時間もかかりました。有名人の発言の影響というのは本当に大きいんだな、と…」

30代での乳がん発症は極めて珍しいとはいえ、こういったタレントさんの影響で若い女性の乳がん検査受診率が上がるのは非常に良いことですよね。

麻央さんのように30代で乳がんにかかる若年性乳がんは極めて珍しく、大きな要因としては遺伝の影響があります。若年性乳がんは進行が速いのも特徴です。

私の住む鹿児島にも多くの産婦人科がありますが、すでにこの会見以降予約がとりにくくなったとの話を耳にします。

例え乳がんの疑いがなくても、予約が数ヶ月先だからと先延ばしにせず、思い立った時に、もちろん定期的に検診に行くことが重要です。(女性だけでなく、男性も他人事ではないのです!)