fbpx
祝・新元号!2019.05.10:フリーペーパーVol.38発刊!

テクノといえばYMO、坂本龍一のいた時代

テクノユニットYMOイエロー・マジック・オーケストラ

テクノユニット電気グルーヴが素晴らしい楽曲を提供してくれたことは確か。メンバーの一人が逮捕されたとしても、曲に罪はありません。日本のテクノ起源ともなるYMOは、私にとって幼少期の思い出です。こんな事件の後だから、さらに時代を追って坂本龍一まで、聴いてみたくなりました。もちろん、薬物所持は犯罪で、犯罪自体は絶対に許されてはなりません。A menber of the techno-pop unit Denki Groove, Pierre Taki was arrested by using cocaine. He committed a crime. But, Denki Groove’s many techno tunes are invariably good woks.

Yellow Magic Orchestra, Rydeen

YMOによるライディーンは、昭和の大ヒットナンバーです。贅肉の削ぎ落とされた楽曲の美しさが、心臓の中心に突き刺さるかのようです。

日本におけるテクノの先駆けとも言えるYMOは、メンバー3人ともに大いなる才能の持ち主です。中でも、デビュー以来その才能を世界に広げ続ける人物が坂本龍一でした。1980年代、NHK教育で若者向け番組「YOU」が放送され、坂本龍一が若者代表として田原総一朗と舌論を交わしていました。YOUのオープニングテーマも坂本龍一によるもの。YMOは、細野晴臣、高橋幸宏、坂本龍一らが、それぞれの音楽活動を経て1978年に結成したものです。

YMOの漫才、坂本龍一のコント

YMOは、その才能を「お笑い」にも開花させています。

坂本龍一は、親交のある漫才コンビ「ダウンタウン」の番組「ダウンタウンのごっつええ感じ」の1コーナー「アホアホマン」にも、同キャラクターとして松本人志に続き出演しています。

才能には注意

才能は本能で、本人の好みや意思とは無関係に伸びてしまう傾向にあります。本業が音楽であっても、俳優、絵画、執筆、さまざまな芸能はもちろん、ビジネスで成功することもあるでしょう。多才でそれぞれの能力の高い人は、高い到達地点における悩みが、他人からは理解されずらいこともあるのかもしれません。

自分にはそういう人の気持ちは分かりませんが、自分の持つものが多ければ多いほど、価値が高ければ高いほど、人は用心深く行動しなければならないでしょう。自分の才能がどれほど有益なもので、他人にとっては価値が高いものであるか、自分では分からなくなってしまうことが多いからです。

自分は、危険なものを常に持ち歩いて街中を歩いているんだ、ということを常に知っておいたほうがいいのです。

最新情報を購読しよう!

就労継続支援・就労移行支援事業者様へ

HIFUMIYO TIMESでは毎月フリーペーパー版を発行しており、各エリア版の加盟店を募集中です。福祉事業者に最適なブランディングと広報力をご提供します。詳しくはお問い合わせください。