fbpx
2019.02.10:フリーペーパーVol.35発刊!

楽しかった思い出をありがとう「まほろばの里」今日閉園へ…

人気スポット「霧島高原まほろばの里」が30年目で閉園

鹿児島県霧島市牧園町にある、人気観光地「霧島高原まほろばの里」が30年目となった今日閉園します。ゴーカートや草スキーなどの遊技施設、陶芸やジブリのグッズなどのお土産を販売する「どんぐりの森」など、色々と楽しい思い出がありました。

CMソングも有名で、
「きりしま、まほろばの〜さ〜と〜」
という歌詞は、結構口ずさむことが多くてよく覚えています♫(笑)

楽しめる場も豊富でたくさん遊んだ

まほろばの里には親戚や友人とよく遊びに行っていました。

カートが1番好きだった

甥っ子たちと遊びに来たときは一緒にゴーカートに乗って遊んだり、友人と来たときは、上級者向けでゴーカートよりも、もっとスピードがでる「カート」という乗り物で遊びました。

コーナーを曲がるときはスピンをすることもあり、転んだりすることもあるので、安全のためにヘルメットなどを着用するなどをしてから、本格的なサーキットを楽しみました。

ゲーム好きな僕としては、リアルマリオカートのような感覚で遊べることができ、友人とタイムを競ったり、追い抜きあいをするなど、僕はこのカートコーナーが1番好きでした。

グラススキー、アストロスキー

まほろばの里にはグラススキーやアストロスキーという草スキーが楽しめる場所があります。
鹿児島県は雪がほとんど降らないからスキーで遊べることができなくて、草スキーを楽しみに家族や友達がたくさん遊びに来ます。

僕もよく遊びましたが滑るのが下手くそで、何回も転んでしまって周りのみんなから見られるのが恥ずかしかったです…(笑)

他にもパターゴルフやスノーボードといった遊技施設があって、休日は多くのお客さんで賑わうスポットでした。

陶芸を見学したり、駄菓子を買ったりした

まほろばの里では陶芸も行っていて、工程を見学したり、教室に参加したり、陶芸を体験できる場所もあります。

僕は陶芸を体験したことはありませんでしたが、作品の展示された場所は必ず一通り眺めて見学するのが好きでした。

陶芸室の隣には懐かしい駄菓子コーナーもあって、そこでお菓子をたくさん買っていました。

ジブリグッズのある「どんぐりの森」

まほろばの里に行って、必ず最後に立ち寄るのがお土産コーナーです。そこには「どんぐりの森」といって、ジブリキャラクターグッズが売っています。

トトロやネコバス、黒猫のジジ(魔女の宅急便)といったぬいぐるみがあったり、キーホルダーとかトランプ、パズルといった玩具など、ジブリグッズが豊富に置いてあるので、どれを買おうかな〜と迷うこともあります。ジブリの世界にいると思うぐらい、種類が豊富でどれも欲しくて、可愛くて、たくさん買いたいんです!!(笑)

人気スポットが次々に閉園

人気スポットであった「まほろばの里」が今日で閉園します。以前鹿児島には、

・「ジャングルパーク遊園地」
・「ゴールドパーク串木野」

といった楽しめるスポットがありましたが、残念ながら閉鎖してしまいました。子供の頃によく遊びに連れて行ってもらったり、学校の遠足で行ったりしました。

そして今日「まほろばの里」が閉園するということで、また人気な場所が無くなることが大変残念に思います。

楽しい思い出がたくさん作れた「まほろばの里」。本当にありがとうございました!
そしておつかれさまでした!