fbpx
2018.11.10:フリーペーパーVol.32発刊!

危険!コンビニワープで駐車場をショートカット!

赤信号などで車が渋滞していて、コンビニの駐車場をすり抜けること。

「コンビニワープ」という言葉を聞いたことありますか? 車を運転しているときに、赤信号などで渋滞していて、コンビニの駐車場を通り脇道など別の道にすり抜けることです。このコンビニワープをよく使うドライバーも多く、本当に危険な行為なのです。

 赤信号を避けて、コンビニの駐車場をすり抜ける

車が渋滞していて、横にコンビニがあると駐車場に進入して渋滞を回避する、いわばショートカットする車が多いと最近話題になっています。

コンビニに行くわけでもなく、駐車場だけを通り抜けるだけというのは大変危険な行為です。今やどこでも見かけるコンビニですが、例えば朝の通勤時に赤信号などで渋滞しているときに急いでいるため、コンビニの駐車場を通って脇道など別の道に行く車が増えているのです。

歩行者が危ない!

このコンビニワープは急に車を発進させる車も多く、駐車場の近くを歩いている歩行者をはねてしまう可能性を高くて大変危険です。

駐車場の入り口が2つか3つはあるコンビニ。大通り側や脇道側に1つずつ車が駐車場に入れるスペースがある店舗も多いですよね。
僕の近くのコンビニも大通り側に1つ、脇道側に1つ車が入れる入り口があって、大通り側が渋滞しているときにコンビニの駐車場を通り、脇道に出る車を見かけることがよくあります。

渋滞で止まっているドライバーがイライラして急にコンビニワープを使ったら歩行者をちゃんと確認していないと、はねてしまう可能性もあって事故にもなりかねません。なので本当に何度も言いますが大変危険です。

コンビニの駐車場は道路ではない

ドライバーの皆さんへ、コンビニの駐車場は道路ではありません。そしてコンビニはたくさん人が集まる場所でもあります。そして多くの車が駐車場に入ってきて、接触事故にもなる恐れもあります。

渋滞で車が前へ進まず、コンビニワープを使うのはマナー違反です。そして道路交通法によって交通違反になるかもしれません。赤信号が待てない、渋滞でイライラするのなら車を運転するのは止めてください。

テレビ番組でも特集されたコンビニワープ。ドライバーの皆さん1人1人が運転マナーを守り、安全運転できる世の中になってほしいです。そして「コンビニワープ」という言葉は無くしてほしいフレーズです。