fbpx
2018.11.10:フリーペーパーVol.32発刊!

注目度が高かった今年のドラフト会議!最後まで中継して!

ドラフト1位指名だけでなく、全員のドラフト指名が見たい…

10月25日に行われた今年のプロ野球ドラフト会議。大阪桐蔭高校の根尾昂選手や金足農業高校の吉田輝星選手など、夏の甲子園で大活躍した選手がどの球団に指名されるか、注目が集まりました。TBSで17時から放送されたドラフト会議は高視聴率をマークしたのです。今年は高校生に注目が集まりました。

夏の甲子園で注目された選手がどの球団に指名されたか…

今年の夏の高校野球は、史上初の春夏2連覇を達成した大阪桐蔭高校の根尾昂選手や藤原恭大選手、準優勝した秋田県代表の金足農業高校のピッチャー吉田輝星選手、報徳学園高校の小園海斗選手など、高校生から話題や人気となった選手が揃いました。

ドラフト1位指名選出された選手はどの球団へ

1番注目度が高かった根尾昂選手。夏の甲子園では3本のホームランを放ち、ピッチャーも努め150キロもあるストレートを投げます。そして肩も強く、どこの守備もこなす選手で全球団が欲しかった選手でしょう。
中日、巨人、ヤクルト、日本ハムの4球団が1位指名をし、抽選で中日が交渉権を獲得。新監督に就任した与田監督がガッツポーズをしました。

他にもプロから「日本一のショートになるのでは…」と注目が集まった小園海斗選手も、広島、DeNA、ソフトバンク、オリックスが1位指名して、抽選で広島が交渉権を獲得。
藤原恭大選手も3球団競合でロッテが交渉権を獲得しました。

金足農業高校、吉田輝星選手は日本ハムへ

夏の甲子園のピッチャーで1番注目された金足農業高校の吉田輝星選手は、最初の1位指名には名前が挙がりませんでした。
「巨人に行きたい」と答えていた吉田選手。抽選で外れた球団が2回目の指名をしていき、根尾選手を外した巨人が名乗りを挙げるかと思いきや、日本ハムだけが吉田選手を指名しました。巨人は立命館大学の辰己涼介選手を指名して、また抽選を外し、八戸学院大の高橋優貴選手を指名したのです。

巨人へ吉田選手のラブコールは届かなかったのか、巨人ファンからはネットで、
「吉田君を1位指名すれば獲得できたのに…」
と残念なコメントが多く寄せられていました。エースピッチャーが付ける18番を付けていた杉内俊哉さんが引退を表明して空いていたため、吉田選手が巨人に来たら18番を付けて活躍するというファンの期待もあったのでしょう。

 ドラフト会議は最後まで中継してほしい!

毎年この時期に開催されるドラフト会議。TBSで17時から18時までの1時間枠で1位指名だけの中継が放送されました。会議場にはプロ野球ファンやメディアも多く集まっており、各球団の指名した選手の名前が発表されると会場からは大きな拍手や歓声が聞こえます。

競合となり、抽選になるとクジを引く監督に「絶対取れよ!」とか「頑張れ!」といった声援が送られます。そして交渉権を獲得した監督がガッツポーズをすると、また会場から拍手や歓声が沸き起こりました。それだけ、ドラフト会議は野球ファンもドキドキするし、ワクワクもする、野球ファンにはたまらない年に1回の大イベントなのです。

1位だけじゃなく、最後までテレビで中継してほしい

ドラフト会議は1位指名が終わると中継が終わります。そしてニュースに変わり、1位指名された選手のインタビューや紹介などを取り上げて放送します。
その間にもドラフト会議は続いており、ここからはほとんどスマホなどのネットから情報を得るしかないのです。

吉田輝星選手のいた金足農業高校がある秋田県ではドラフト会議の放送自体がなく、県民の皆さんのほとんどが17時になったら、スマホでネット中継を観ていたシーンがニュースで流れました。

19時からの「お母さんありがとう」よりも、ドラフト中継を放送して

ドラフト会議の日はTBSで19時から「ドラフト緊急特番! お母さんありがとう」が始まります。
野球好きとして有名な中居正広さんがMCを努め、元ヤクルトスワローズの正捕手の古田敦也さんや芸能人の方たちが出演しました。

ドラフトに志願した選手を紹介し、難病や怪我などを克服した選手の感動エピソードが主に紹介されます。そして選手のお母さんや家族、友人に手紙でメッセージを送るといったシーンが放送され、最後にどこの球団に指名されたか、をドラフト会議の中継シーンを観るといった内容でした。

プロ野球ファンとしてはドラフト会議の中継をリアルタイムで放送してほしい…

1位指名された選手にスポットが当たるドラフト会議。他に各球団のスカウトの方が目に止まった選手がたくさんいるのです。1位指名された選手が必ず活躍するというわけではなく、下位で指名された選手が才能を発揮して1軍で活躍することも多いのです。

育成ドラフトで指名された選手も1軍や日本代表にも選出されている

ドラフトには他に育成ドラフトという、第2のドラフトが2005年から始まりました。球団が「この選手は将来活躍するかもしれない…」と指名します。
育成ドラフトで指名された選手は1軍の試合には出場できず、2軍の試合にしか出場できません。そして3桁の背番号が与えられます。
2軍の試合で活躍し、成績が良いと1軍にも昇格できます。

育成ドラフトから1軍で活躍している選手はたくさんいて、僕の中では特にソフトバンクの千賀滉大選手や甲斐拓也選手が思い浮かびます。
千賀選手は日本シリーズ初の育成選手からの先発投手を任され、第4回ワールド・ベースボール・クラシックにも選出。そして甲斐拓也選手は捕手として強肩で、多くの選手の盗塁を阻止しました。今はソフトバンクの正捕手を取れるほどの大活躍をしています。

このように失礼な言い方ですが、ドラフト当時はあまり注目されなかった選手が1軍で活躍している選手がたくさんいるので、ドラフト会議も育成ドラフト指名まで中継してほしいと思っています。

自分の地元出身の選手がひょっとしたらどこかの球団に選ばれているかもしれないし、自分が応援している球団の選んだ選手がどのような選手を指名したのか、といったことを全員は無理かもしれないけど、少しでも良いので紹介してほしいです。

今年のドラフト会議は平均視聴率が14・2%、瞬間最高視聴率は18・6%と歴代最高の数字を叩き出しました。今年のドラフトは高校生が話題になりましたが、来年のドラフトからどんな選手が選ばれるのか楽しみです。
そしてインターネット中継以外にも、BSでも良いのでドラフト会議中継をリアルタイムで全部放送してほしいです!!