fbpx
2018.11.10:フリーペーパーVol.32発刊!

健康な体づくりでがん予防!異常な細胞を生む前に

がんの予防法は?治療法は?経費は?

2人に1人ががんにかかってしまうといわれていますよね。だからこそ、あまり考えたくないかもしれませんが、がんに関する知識や予防・治療方法・治療経費などは知っておくべきかもしれません。テレビなどでもがん検診のことなど放送されていますよね。がんはどうしても気になる大きな存在となっています。

がんはどうやってできるの?

人の口から入る酸素は体内でエネルギーに変換されますが、稀に「活性酸素」に変換される場合があります。

活性酸素は「遺伝子」を傷つける有害なもので、その活性酸素を見つけ出し無効化する「酵素」があります。しかし、酵素が不足すると無効化に追いつかなくなり、まぬがれた活性酸素はさらに遺伝子を傷つけ続けるのです。

遺伝子に傷がつくと、自立性を持った異常な細胞が生まれるようになり、その異常な細胞は他の細胞を蝕みながら限りなく増殖し続け塊ができ、その塊がさらに大きくなっていくのです。別な所では、異常な細胞が血管を通り、体内のあちこちに新たな塊を作っていきます。

その塊ががんなのです。がんは、我々の体内にある栄養を吸収するために血管にバイパスを作り、がん細胞に直接栄養がいくようにします。栄養が吸収されると体内あちこちに異常が現れ、体が衰退していくのです。

面倒。でも早めの行動が大事

がんを発症すると、治療後の痛み・時間・多額のお金など様々なものが奪われます。

そうなる前に予防やがん検診・早期治療を速やかに行う必要があります。市町区村が行っているがん検診料は種類にもよりますが約2千円で済み、早期治療も高額療養費制度を申請すれば約10万円で受けることができるので、早めの行動が大事と言えます。

確かに、検診は費用や病院への道のりなど面倒なことが多いですよね。治療や長期入院・医療費の負担が嫌で、がん検診をしない人もいらっしゃいます。

健康的な体づくりでがんを予防する

がんを予防するためには、やはり食事・運動・禁煙・減酒がキーポイントになってくると思います。

食生活を改善する

トマトに多く含まれるリコピンは異常な細胞を消滅させる可能性をもっている酵素です。リコピンを摂取することで体内の酵素が増幅します。トマトを用いた野菜中心の食事を心がけるといいかもしれません。

料理をあまりしない一人暮らしの男性にとっては、野菜中心の食事を準備することは大変ですね。でも、トマトジュースでも摂取可能なので、1番気軽にできる方法かと思います。

運動をする

体力が落ちると体内の免疫機能が低下し、いろんな病気にかかりやすくなります。特にがんにかかると厄介なので、運動は最も重要なことと言えます。

禁煙や減酒を行う

タバコ内の「タール」は細胞を壊し、肺がんを患わす手助けとなるので、禁煙を努力をしましょう。過敏な飲酒は食道がんや大腸がん・肝臓がんを起こさせる原因となるので、徐々にアルコールの摂取を少なくしていきましょう。

タバコの価格はどんどん上昇していますね。これを気にやめるとタバコ代も浮くし一石二鳥ではないかと思います。

平均体重の維持

体重は重すぎても少なすぎてもがんにかかる確率は高くなるといわれています。なるべく身長に合った平均体重を維持していきましょう。

その他の予防

その他にも、がんの発生要因となるウィルスの感染や遺伝子・細胞を変異させる化学薬品などがあります。予防の手段として、手洗いやうがい・速やかな傷の手当・薬をなるべく摂取しないことが先決です。

まとめ

近年、便利となる様々なものの誕生で体をあまり動かさなくなり、外食やパン・お酒・タバコなどのすぐに口にできる食生活が増えつつあります。それと比例し、がんを患う患者も増えているのです。

このような悪循環となる時代に負けないために、自分からがんの予防をする努力が1番大事と言えます。