fbpx
2018.11.10:フリーペーパーVol.32発刊!

考え過ぎな性格を直して、前向きに生きたい!

考え過ぎず、前向きに考えるのが大事なんだけど…。

僕は、色々なことを考え過ぎる性格です。そのせいでイライラしたり、ネガティブ思考になったり、仕事に集中できないという状態になってしまい、周りに迷惑をかけてしまうこともあります。
入院をしていた時に、考え過ぎてしまったことを例に書いてみました。

新薬は副作用が出やすいとの説明があって…

これは10年以上前に、僕が入院生活をしていた頃の話です。
ある日、主治医から「来週、新しい薬を使ってみようか」と言われました。
そして、薬剤師の方から「副作用には十分に気をつけてください」という説明があったのです。

免疫力が低下してウイルスなどに感染しやすくなるので、人混みはなるべく避ける。そして外に出るときはマスクをつけるなど、色々な対策をしなければならないとのことでした。

薬を使ったあとに体調が悪くなるのでは? と考え過ぎてしまったこと

その薬はものすごく効き目があるけど、デメリットとしては副作用が発生し、気分が悪くなったり、苦しくなったりするかもしれないと言われました。

主治医からは、

「これまでこの薬を使った患者さんからは、体調が悪くなったという報告は全然無いから、あまり考え過ぎずに心配しないでね、看護師さんも側にいるから大丈夫!」

と肩をポーンと叩かれましたが、前日の夜は…

「明日大丈夫かなぁ、新薬怖いわー! もしかしたら急変して死んだりとかしないかな…」

という、ありえないことまで考えてしまい、全く眠れませんでした。

副作用も何もなく、治療が無事完了

ドキドキしながら、新しい薬を投与する日を迎えました。点滴から投与をする薬で、治療時間は大体2時間ほどかかりました。主治医も最初の10分ぐらいまでは側にいて様子を見ていました。

5分ごとに看護師さんが体温、血圧を測り、「大丈夫?」と聞いてきます。主治医も看護師さんも初めて新しい薬を投与するということだったので、慎重に看護をしてくれました。
そうして治療が完了しましたが、体調には特に何の変化もなく、体温も良いし血圧も良かったです。結局、副作用などは何も出ませんでした…。

主治医から、
「最初だから心配する気持ちは分かるんだけど、君はものすごく考え過ぎ!」
と言われたのをよく覚えています。
「だって新薬投与は怖いですもん…! そりゃ考えますよ!」
と言い返したことまでは覚えていますが、その先のやり取りは忘れてしまいました(笑)

考え過ぎると身体に良くない

考え過ぎてしまうことは他にもたくさんあります。仕事のこと、友人関係のこと、これから先のこと…。ですが、自分の考えていることは、何でもなかったことが多いです。それなのに、何故かありえないことまで考え込んでしまう。この性格を本当に直したいです。

人それぞれ考え方が違うことは分かっています。
新薬を使って、「これから体調を良くして、頑張って退院するぞ!」と前向きな発想をする人もいるでしょう。じゃないと、病気もなかなか治ってくれないかもしれないので…。

自分で言うのもなんですが、ネガティブ思考というか、考え過ぎる性格が表情にも現れているのかもしれません。今働いているところの社長も、
「あんまり考え過ぎんなよ!」
といつも声をかけてくれます。

「僕にもこんなことを言ってくれる人がいるんだ、よし、頑張ろう!」と考える。そう思うことが良いだろうと思っています。

そして同僚からも、
「みんなのことを考え過ぎて、優しすぎだよ」
と言われたこともありました。

これでは先のことを考え過ぎて、疲れるだけです。そして結局、体調を崩してしまいます。
「今を楽しむことが大切なんだ!」 と前向きに考えて、毎日を楽しんで生きていけるようになりたいと思っています!