fbpx
2018.10.10:フリーペーパーVol.31発刊!

コンてぃにゅ~㊵「個性」って

「個性」とはどんなものでしょう。

 

「個性的でいいね。」「個性なんてなくてもいいよ。」

 

個性とは「運動ができること」でしょうか。

個性とは「歌をうたうのが上手いこと」でしょうか。

個性とは「リーダーシップがとれること」でしょうか。

個性とは「誰にでも優しくできること」でしょうか。

個性とは「電車にとても詳しいこと」でしょうか。

 

個性とは「プラスなこと・ポジティブなこと・長所」だけ

なのでしょうか。

 

「運動が苦手」「英語が不得意」「人間が嫌い」。

これらも十分「個人の性質」ではないでしょうか。

 

個性と長所はイコールではないのです。

 

「個性が欲しい。」「この子には個性がなくて…。」

きっとそんな場合も、求めているのは

「周りに誇れる長けたなにか」。

 

少し違う話では、「物語をつくる基本のひとつ」として

「ケンカが強い」や「美人」や「特殊な能力を持っている」は

『キャラクター性(個性のようなものでしょう)ではない』と

言われているようです。

それはただの『設定』で、登場人物の人間性ではないのでしょう。

 

「個性的でいいね(なんか変わってるね)。」

「個性なんてなくてもいいよ(敷かれたレールを進んでね)。」

 

本当の「個性」とは?