fbpx
2018.11.10:フリーペーパーVol.32発刊!

もっと力が引き出せる!?~福祉用具の紹介~

生活のしやすさ、変わる可能性

季節は少しずつ秋になってきました、食欲の秋です。
夏バテをされてまだあまり食欲ないな…と感じる方は、
果物なら食べやすいかもしれません。果物も美味しい季節です。

さてさて、「トイレに行く・歯を磨く・ご飯を食べる・着替える」何気なくしているこれらの動作、少し工夫をすることでやりやすくなる、自分で出来て楽しくなる。そういうものを紹介をします。

くるくるグリップ・くるくるシリコングリップ

自分の持っている製品に、名前のごとく ”くるくる” 巻きつけて使う商品です。
持つ部分を太くすることで力の弱い人にも握りやすく、使いやすいものになります。
色はピンクとブルー。製作は
株式会社 台和というところです。

なお、くるくるグリップについては、使いやすいようにはさみでカットすることもでき、
用途に応じて調節することが可能です。また、ぐるぐるグリップは重さが16gと軽く、
くるくるシリコングリップは 、シリコン素材なので握るときに滑らず、形状も対象物に
フィットしやすいです。

くるくるグリップ

くるくるシリコングリップ

全長12㎝・重さ16g 長さ・重さ 全長15.1㎝・重さ26g
EPDM スポンジ 素材 シリコン樹脂
ピンク・ブルー ピンク・ブルー
ハサミでカット可能 その他
電子レンジ不可
食洗機・乾燥機可能
(耐熱温度:110℃~マイナス20℃)
煮沸可能
衛生面 電子レンジ不可
食洗機・乾燥機可能
(耐熱温度:190℃~マイナス20℃)
煮沸可能

 

くるくるグリップ(台和ホームページより)
http://www.daiwa-grp.co.jp/nitiyo/kaigo/kurukurugrip.html

くるくるシリコングリップ(台和ホームページより)
http://www.daiwa-grp.co.jp/nitiyo/kaigo/kurukurusilicongrip.html

 ↑ 左側より、装着前・装着後です。少しだけイメージしやすくなったでしょうか?
※スプーンとフォークは市販のものになります。

入浴用チェアー

入浴は体力が必要、かつ消耗するもののひとつです。

ひとくちに入浴チェアーといっても種類がたくさんあります。
今から紹介する椅子は、全部で3種類です。
製作はアロン化成株式会社です。

<①安寿 ひじ掛け付シャワーベンチ ”まわる” くん

座面 360度回転(45度ずつロック機能が付いています)
画面回転の操作はレバーで可能。タイプ(形)は角型
高さは、36cmから46cmの間を2.5cm間隔・5段階で調節可能
肘掛け 跳ね上げ式
背もたれ あり
レッドとブルー
その他 背もたれと座面はソフトパッド(体に触れても冷たくない素材)
重さ 6.3kg

 

<②安寿 ひじ掛け付シャワーベンチ角型TH-S・U型TH-U

座面 タイプ(形)は、角型(S座面)とU字型の2種類
高さは、36cmから51cmの間を2.5cm間隔・7段階で調節可能
肘掛け 跳ね上げ式
背もたれ あり
レッドとブルー[角型(S座面)とU字型のそれぞれ]
その他 背もたれと座面はソフトパッド(体に触れても冷たくない素材)
重さ 4.9kg

 

<③安寿 ひじ掛け付シャワーベンチRE-U

椅子 通常タイプとワイドタイプ
座面 タイプ(形)は、U字型
高さは、34cmから44cmの間を2.5cm間隔・5段階で調節可能
肘掛け 固定式
背もたれ あり
レッドとブルー
その他 背もたれと座面はソフトパッド(体に触れても冷たくない素材)
脚部分 パイプを斜めにし角度が付いている。安定しやすい。
4.2kg

マジックリーチャー(お助けハンド)

ショートタイプとロングタイプがあります。
製作は、枕で有名なTEMPUR(テンピュール)もつくっている、株式会社アンツです。

ショートタイプ

ロングタイプ

45cm・約117g

長さ・重さ

70cm・約137g
シャフト:アルミニウム
ハンドル・ヘッド:ポリプロピレン
ワイヤー:鉄

素材

シャフト:アルミニウム
ハンドル・ヘッド:ポリプロピレン
ワイヤー:鉄
・内側にはゴムが貼ってあり、
 滑り止めになっている。
・360度回転(90度ごとにロック)

構造
<先端>

・内側にはゴムが貼ってあり、
 滑り止めになっている。
・360度回転(90度ごとにロック)
磁石がついており、
クリップ等の金属類も拾いやすい

構造
<持ち手>

磁石がついており、
クリップ等の金属類も拾いやすい

鹿児島ですと、カクイックスや県民交流センターに実際の商品が展示してあるのを見たことがあります。
今回紹介したもの以外にも、生活をしやすくする道具がたくさんあります。
ご自身の身体に合った道具が見つかるといいですね。