fbpx
2018.9.10:フリーペーパーVol.30発刊!

セルフレジ、使い慣れると結構楽しいかも?

買い物からお支払いまでを全部する!って結構やりがいがある!

スーパーやレンタルショップ、大手衣料品店などの会計は店員さんにお任せするのではなく、自分で会計を済ませる「セルフレジ」を設置しているお店が多いです。最初は使い方が分からないのは当たり前ですが、使い慣れると結構楽しく買い物できます。

 最初にセルフレジを使い始めたのはレンタルDVD、CDショップ

僕はよくレンタルショップでDVDやCD、コミックなどを借ります。日曜日など休みの日はお客さんも多くセルフレジがない時はレジの前に長い列ができていた日もありました。

ほとんどのレンタルショップで見かけるセルフレジ

最近はレジの横などにセルフレジを設置している店舗も多くなっています。これで自分で借りたい商品を手にとってそのままセルフレジで会計。店員さんと接することなくレンタルできます。

慣れたら簡単!自分が店員さん感覚で

最初は使い方は分からないので説明書きを読んでやってみたり、店員さんにレクチャーしてもらいながら使い方を覚えます。初めてセルフレジを使う時はお客さんが少ない時間にやってみるのが良いかもしれません。日曜日や祝日など人が多い日は混んじゃうから避けたほうがいいかも??

バーコードにピッ!ピッ!とかざし、ロックを外すの忘れたりと色々

借りたい商品をセルフレジに持っていき、会員カードを入力します。
次にケースに付いてあるロックを解除します。ここがセルフレジあるあるなのですが、解除ロックを外し忘れてそのまま持って帰ることです。そして何日か経ったあとに観ようとしたら「ロックを外し忘れていた!」ということ。
僕もよくやらかしてしまうことがあって、そこはちゃんと店員さんに事情を説明したら大丈夫ですが、面倒ですがまたショップに行かなければなりません。

自分が店員さんになった気分で商品を並び替えるなど

まだセルフレジじゃないときは店員さんが会計の時にレンタル商品をバーコードリーダーにピッ!ピッ!としてもらって会計してました。

気の利く店員さんなら、連続ドラマなど続きものを借りていたらちゃんと1巻目を頭に持ってきて次に2巻、3巻と並べ替えて袋に入れてくれます。
初心者アルバイトさんや気の利かない店員さんは、ゴチャゴチャに袋に入れているケースもあります。上から3巻、5巻、1巻と「ただ袋に入れれば良いということじゃないんですけど!!」と、この時は言いたかったですね。
ちょっとのことかもしれませんが、ここもお客さんへ気の利く配慮をしてほしいかな?と思います。

セルフレジを使い慣れてたくさんの商品をレンタルする場合、「これを最初に観て、これは後で観よう」と頭の中で整理しながら借りた商品を順番に並び替えて袋に入れたりするのです。ほとんどレンタルショップの店員さん気分になり、お客さんの気持ちも考えたりなどの勉強にもなるし、レジを使うのが楽しくなっちゃうことも!(笑)

スーパーや衣料品店もセルフレジ

ほとんどセルフレジを設置しているスーパーが多くなっています。自分で買い物をする、自分で会計、袋に商品を入れるなどがもはや当たり前の時代になりました。

衣料品なども、買いたい商品をカゴに入れてセルフレジの下にあるフタを開けて商品を入れると値段が画面に表示されます。後はレンタルDVDなどと一緒で会計を済ませ、またフタを開けて商品を取り出し服を自分で畳んで袋に入れるという流れです。

レジの近くには必ず店員さんや呼び出しベルなどがあるので、何か困ったことがあっても安心です。

自分で商品を買ってセルフレジを使って精算することって、もはや当たり前のことなのかもしれませんが使い慣れると買い物も楽しくなるかもしれませんよ。