fbpx
2018.10.10:フリーペーパーVol.31発刊!

リーズナブルなZ型雲台はKoolertronイチ押しでいいと思えた話。

最近、写真撮影で多くのお仕事をいただいている「ひふみよベース紫原」です。

そろそろ頑丈な雲台欲しいなぁ、、、と探していたところ・・・さすが、Amazonさんです。見つけましたよ!頑丈そうなやつ。

それも憧れのZ型でありながら、大丈夫かな?と思うぐらいリーズナブルな雲台「Koolertron Z型 折り畳みヘッド雲台」を!

PENTAX K-3iiでさっそく試してみました。

雲台ってなに?雲?え?

写真を撮る方には雲台ね。あー雲台ね。と伝わる雲台ですが、写真を取らない人にとってはなんじゃそりゃなアイテムですよね。わかりやすく言うと、三脚とカメラをつなぐ間のパーツなのですが、雲台には様々なタイプがあり、撮影や機材にあわせてセットアップすることで撮影作業を効率よくこなすことができます。頑丈さも大切なポイントで強度がない雲台に重たいカメラを載せた結果、重さに耐えられず落下などで大切なカメラを破損してしまうことも。

Z型雲台の何がいいのか

形をみた瞬間に、テーブル上でミニ三脚として使える!と想像しましたが、レビューにもそのような使い方をしている方が結構いました。三脚があると撮影が楽なのですが、例えばインスタ用にレストランなどで料理を撮る際に大きな三脚は使えません。そんなシーン使えるのでは!とワクワクしながら商品の到着を待ちました。

届いた!ケース付き!嬉しいよ!頑丈だー!

しっかりとしたケースに入っています。これは嬉しいポイントです。

開けた際に黒いボディについたホコリが気になりましたが、これはどうやらケースの糸くずみたいなやつでした(汗)
本体は頑丈さを表すかのように、ずっしりとしっかりとした印象です。リューズを緩めると嚙み合い金属が離れ形をZ型へ変形させることができるのですが、ここの工作精度も高めで安心感があります。

よし! Z型へ変形だ!

うきうきしてリューズをゆるめ、コキコキとZ型へ変形させてみます。

うーん!いいじゃない!!

カメラと合体させてみる

カメラとはこんな感じで、

ネジ穴にあわせ、青い操作部をぐるぐる回すだけでしっかりと固定できます。こんな重量級のレンズだってなんのその。テーブルから生えるカメラという生き物という様相です。

レンズをビスケットに変えてみました。

すごーく愛らしくないですか?この姿。ずっと見ていたい。横からみるとマクロスの敵機みたいですね。

こういつやつ。

Z型雲台は三脚との連携でもっと撮影の幅が広がりそう!

こんなにダイナミックな変形もできるので、真下を撮影したり、真上を撮影したりいろんなことができそうです。PENTAX K-3iiは星空も得意なカメラなので(たぶん)、冬空撮影では大活躍の予感しかしません。

買える場所

調べていませんが、ご近所のカメラ屋さんには売ってないのかもしれません。確実なのはAmazonです。

Z「ぜーーーーーーっと」と、

叫びたくなり、撮影がもっと楽しくなるZ型雲台はこのクラスで十分かもしれません。

Koolertron Z型 折り畳みヘッド雲台をカバンに1つ入れとくと機動性あがりますね!

おすすめです!