fbpx
2020/06/10:フリーペーパーvol.51発刊!

痛み止めの使いすぎ注意!中毒性のあるペンタジンの怖さ!

痛み止めの注射を使いすぎると中毒症状になり、身体が崩れていく…

痛み止めの薬って結構たくさんありますね。錠剤で飲む薬、または筋肉注射で打つ薬、点滴から入れる薬などなど。ここで1番注意しなければならないには、痛み止めの注射を使いすぎると身体がボロボロになることです。特に「ペンタジン」という注射を紹介します。

 筋肉注射「ペンタジン」は痛みを止める強い薬

痛み止めの中では、筋肉注射で打つ薬が1番即効性があってよく効きます。特に有名な薬が「ペンタジン」という注射。今は「ソセゴン」という同じ薬もあります。これは強力な作用があって、病院によっては厳重に保管されているのだそうです。

腹痛も5分〜10分で治まる

個人差はありますが、ペンタジンの作用は早い人で5分〜10分ぐらいで効果が現れて、痛みも落ち着いてきます。そして少し眠くもなってきます。
なので、ペンタジンは色々な症状の痛みに使われている注射です。

 恐ろしい中毒症状

効果が強いので、1回使った方なら分かるかもしれませんが「フワフワとなって気持ちいい状態」になった方はいませんか?
これがペンタジンの怖い症状の1つであり、気づかないうちに中毒症状になっていることもあるのです。そして幻覚症状などを引き起こすこともあります。

痛みもないのにペンタジンを使う人も

中毒症状になっている方の特徴は、痛みもないのにペンタジンを使ってもらっていること。入院している時に僕もペンタジンを使ってもらったことがあるのですが、本当に効きます。そして6時間は投与間隔を空けないといけないので、また6時間たったら注射をしてもらうことが多くありました。

それが電子カルテで薬の使いすぎが分かってしまい、主治医からストップがかかったのです。
「ちょっと使いすぎ、別の薬に変えるからね」
と警告されました。そう、僕もペンタジンの中毒症状になりかけていたのです。

クローン病は痛み止めの服用は厳重注意だから

なぜ僕がペンタジンを使っていたか?というと、クローン病は消化器官に深い潰瘍を作る病気で、錠剤の痛み止めの薬には「クローン氏病は慎重投与」と必ず注意書きが書いてあります。それか「次の診断を受けたことがある方」などの項目に。

服用して3回ぐらい下血した

市販の強い痛み止めを服用していましたが、3回ぐらい下血したことがありました。そのうちの1回は大量出血して本当に命の危険もありました。
その過去の経験があったので、通院した時や入院した時はペンタジンを使ってもらっていたのです。今はその下血がトラウマになってしまって、退院したら比較的効果が弱い頓服薬の痛み止めをも処方してもらっています。

ペンタジンは何回も言いますが強い薬です。使いすぎで中毒症状となり、ペンタジンが頭の中から離れなくこともあります!使いすぎで身体も廃人のようなボロボロ状態となってしまうこともあり、逆に体調が悪化してしまうこともあります。使う場合は慎重に医師とよく相談することです。

最新情報を購読しよう!

就労継続支援・就労移行支援事業者様へ

HIFUMIYO TIMESでは毎月フリーペーパー版を発行しており、各エリア版の加盟店を募集中です。福祉事業者に最適なブランディングと広報力をご提供します。詳しくはお問い合わせください。