日本を代表する映像クリエイターでもある、VJ NAKAICHIこと中市好昭(なかいちよしあき)さん。

彼は、22歳のときに突然「自己免疫性肝炎」を患ったが、症状が癒えず、5年後に「原発性硬化性胆管炎」を併発した。その後、38歳にして医師に余命2年と診断された。

「難病情報センター」によれば、原発性硬化性胆管炎は未だ原因が解明されておらず、黄疸やかゆみ、発熱や腹痛が主な症状として知られる難病だ。進行して肝不全に陥ると、肝移植しか救命法はない。

中市さんは、倦怠感や食欲不振、睡眠不足、むくみなどを感じており、胆管炎や肝性脳症を引き起こし、倒れてしまうこともあったそうだ。

今月19日アメリカにて肝臓移植手術が成功したものの、術後の容態は決して良好とはいえず、治療も未だ続いているようです。感染症の併発のリスクとともに、NAKAICHIさんは現在も闘っております。

5月28日には渋谷で募金活動が行われる予定とのこと。

【募金活動概要】
実施日時:5/28(土)11:00~19:00
実施場所:渋谷 マークシティ前・モヤイ像辺り
集合場所:モヤイ像前 10:55
服装:オレンジや赤などの目立つもの。
※途中参加可能。

 

 

【拡散希望】「余命2年」の宣告。難病と闘うVJ NAKAICHI氏への募金活動が、5月28日渋谷で開催 | T…2016年5月19日、アメリカでドナーを待っていた中市好昭(なかいちよしあき)さんの肝臓移植手術が成功した。日本を代表する映像クリエイターとして知られている男性で、各地で募金活動が行われていた。VJtabi-labo.com

via:TABI LABO