あっという間に今年も8月に入りましたね。8月といえば皆さんご存知、リオオリンピックが開幕します。リオオリンピック開催期間は8/5〜22まで。終わった頃には日本選手がどれだけメダルラッシュしているでしょうか?期待が高まります!

そしてオリンピックが終わると忘れてもらってはならないのが、障害者の選手達が活躍するパラリンピックも開催されます。今回のリオパラリンピックは9/7〜18日までの日程。

パラリンピックに対し、世間の注目度はまだ低いと感じていたのですが、

日本では2020年の東京五輪に向け、パラリンピックへの関心が高まってきているようです!

パラリンピックは、オリンピック、サッカーワールドカップに次いで3番目に大きなスポーツイベントとも呼ばれていています。スポーツニュースで見た事のある方も多いのではないでしょうか。パラリンピックに出場する日本代表選手が必死に頑張ってメダルを獲得するため日々努力と練習をしています。

国によってはパラリンピックの選手も一流アスリートと同じように注目している国もあります。では日本はというと、競技人口が少ない事や義足などが高額でスポンサーが着かないと金銭的に厳しいという理由などがあって、健常者との壁があるんです。

そこでパラリンピックに出場する選手達を応援しようと9月7日からのリオ2016パラリンピック開催に先立って特設サイトがオープンしたそうです!

「リオ2016パラリンピック応援サイト」がオープンした。同サイトは、リオパラリンピックを盛り上げ、4年後の東京パラリンピック開催に向けてより大きなムーブメントを創造するために企画された。

トップページは開催国ブラジルの国旗をイメージした黄色に緑という華やかなカラーデザイン。この応援サイトから大会スケジュールやテレビ放送予定、競技結果が掲載され、大会の裏側も知ることができるコラムも掲載されるとのこと。

パラリンピックをデータでひも解くインフォグラフィックスや障がい者スポーツについて学べるクイズ、パラアスリートの魅力を伝える動画なども掲載し、パラリンピックや障がい者スポーツについての知識を深められる。

パラリンピックのスポーツの特徴を知ってもらえるよう必要に応じて用具やルールを工夫したり、「車いすの選手」「切断の義足選手」「視覚障害の選手」などと障害を分けて競い合うことで白熱した公平な試合ができるのです。

パラリンピックで日本がメダルを量産してきた競技、パラ水泳のプロモーション映像。楽曲にはTHE BLUE HEARTS「電光石火」を使用!
平成27年度 春季静岡水泳記録会兼リオ・デ・ジャネイロパラリンピック派遣選手 選考会での、リオへの切符をかけた一発勝負にかける真剣な表情、ガッツポーズは必見!

自分が障害者になって挫けそうになったことがある方はたくさんいると思います。しかし、パラリンピックを見て学べる事や感じることはたくさんあるんです。どんな困難があっても前向きに頑張れば障害なんて関係ない、メダルを獲得した時の選手の笑顔からたくさんの元気と勇気をもらえる!と僕は思います。

パラリンピックが一大ムーブメントを起こして2020年の東京パラリンピックをもっと皆さんに知ってもらえるように、そしてオリンピックやサッカーワールドカップに負けないぐらいの注目度になってもらいたいと思います!!

最後に、ガンバレ!!ニッポン!!

リオパラリンピック応援サイトー日本財団パラリンピックサポートセンターオリンピック、サッカーワールドカップに次ぐ、世界で3番目に大きなスポーツイベント、パラリンピック。リオ2016パラリンピック特設サイトは、世界のトップアスリートと戦う日本選手を応援し、最高に楽しむための情報サイトです。games.parasapo.tokyo

via:リオパラリンピック応援サイト

via:CYCLE