fbpx
2018.8.10:フリーペーパーVol.29発刊!

「聖剣伝説2 SECRET of MANA 」、ユーザーからバグなどのエラーが多いとの声!

1993年8月6日にスクウェア・エニックス(当時スクウェア)が、スーパーファミコン用ソフトとして発売した名作「聖剣伝説2」。
売上本数も約150万本と大ヒットアクションRPGとなり、「ニンテンドークラシック・スーパーファミコンミニ」にも収録されたり、Nintendo switch用ソフトやスマホアプリなどでたくさんリメイクされるほど、未だに大人気ゲームです。

その「聖剣伝説2」がPS4用とVita用ソフトで、
「聖剣伝説2 SECRET of MANA」
と、完全フルリメイク版として2月15日に発売されました。

しかし不評の声が多数寄せられている模様

多くの聖剣伝説ファンが待っていた完全フルリメイク版「聖剣伝説2」でしたが、不評の声が多数あって、その内容は、
「バグやエラーが多く、ゲームが途中でフリーズする」
などの意見が多いです。

そしてAmazonレビューを見てみると、平均1.6という数字を出していて、星1つを付けている方が6割を超えています。

他にも多数の不満意見が寄せられている

ユーザー、聖剣伝説ファンは細かい所まで見ています。ボイスが付いたリメイク版ですが、
「キャラクターが喋っているのに、キャラの口が動かない」
とか、リングコマンドの装備画面で、
「誰が装備しているか分かりづらい」
そして、名曲ばかりの聖剣伝説2ですが…
「BGMが劣化している」
といった声も多いです。

ゲーム会社の仕事内容はよく分かりませんが、ゲームを発売する前には、「テストプレイヤー」「デバッガー」の方がチェックしているはずだと思います。
どのように仕事をしているかは、会社ごとに違うかもしれません。開発中のゲームソフトのバグを見つけるのが主な仕事のテストプレイヤー。

それが、発売してからこのような多くのユーザーから
「バグが多い!!」
という意見があって、聖剣伝説2リメイク版のテストプレイヤーに、
「こんなに多くのバグが発生するのに、発売前にチェックして分からなかったのか?」
という声も上がっています。

3や4のリメイク版や今後の新作にも期待しているから

バグが多いと話題になっている「聖剣伝説2  SECRET of MANA」。
ゲーム開発者側からは、3月上旬頃に
「バグ発生を改善するアップデートを配信する」
と発表がありました。

聖剣伝説は「3」も名作で、僕は「3」から聖剣伝説をプレイしました。
それから聖剣伝説2を中古で購入して、スーパーファミコン版をプレイしたことがあって、
「ボスを倒したら、部屋から出られない」
という有名なバグに何回もやられて、クリアを挫折しました。

名作ばかりの聖剣伝説シリーズ。
スクウェア・エニックス(当時スクウェア)は、90年代の頃…
・「ファイナルファンタジー」
・「聖剣伝説」
・「ロマンシング・サガ」
と、この3大RPGが大人気でした。

今回完全リメイクとして復活したのが、「聖剣伝説2」です。

「聖剣伝説2」だけに限らず、人気作品となった「聖剣伝説3」、賛否両論が多かった「聖剣伝説4」、プレイステーション用ソフト「聖剣伝説 レジェンド オブ マナ」、ニンテンドーDS用ソフト「聖剣伝説 チルドレン オブ マナ」と聖剣伝説シリーズは、ほぼ全部プレイしたほど僕は大好きなシリーズです。

今回の聖剣伝説2のリメイク版のバグが多いニュースを見たときは残念でしたが、もしも次回作や「聖剣伝説3」、「聖剣伝説4」のリメイク版を制作するなら、ものすごく期待しています。
「みんなにオススメする作品!!」
と話題になってほしい。

ランディ、プリム、ポポイとまた一緒に冒険に出かけたい!!
フラミーに乗って、世界を飛び回りたい!!