fbpx
2018.8.10:フリーペーパーVol.29発刊!

「西郷どん」の薩摩ことばが難しかぁ…そげん思ちょっひとは迫どんの薩摩ことば講座を見やんせ

大河ドラマ「西郷どん」。
第六話は、ジョン万さぁの母親に対する LOVE と糸さぁの吉之助への LOVE が印象に残る回でした。
個人的には、たまに見られる吉之助の妹 琴(桜庭ななみ)と西郷家の使用人 熊吉(塚地武雅)の掛け合いがちょっと笑えて好きです。

さて、「西郷どん」はオール薩摩ことばで放送されているので、鹿児島県人以外の方は、ことばの意味がわからない…そう思っているひとが多いかと思います。

薩摩ことば指導は誰がしてるの?

今回「西郷どん」の薩摩ことば指導は、鹿児島県出身のふたりの俳優、

「真田丸」で矢沢三十郎頼幸を演じた迫田孝也さんと、

「篤姫」で薩摩藩士・有村雄助を演じ、また「龍馬伝」では方言指導を行っていた田上晃吉さんが担当しています。

迫どんの薩摩ことば講座

薩摩ことば指導担当のひとり、「迫どん」こと迫田孝也さんが、薩摩ことば講座を開講しています(笑)

まず、第一回は「やっせんぼ」

続いて「にせ」について…「よかにせ」と「ぶにせ」

三回目は「おい」と「わい」…早口言葉に注目!

第四回のテーマは「〜さぁ」と「〜どん」の使い分け

これからも、どんどん続いていくであろう「迫どんの薩摩ことば講座」

「西郷どん」の薩摩ことばは難しかぁ。
そげん思ちょっひとは、迫どんの薩摩ことば講座を見やんせ!
わっぜ、ためになっど。

今日の大河ドラマ「西郷どん」
第七話は…「母の背中」。
【NHK BS プレミアム】午後6:00
【NHK 総合】午後8:00
放送予定です。