fbpx
2018.8.10:フリーペーパーVol.29発刊!

私がオススメする今まで売られたDVD映画、第2弾

今回、私がオススメな映画に関しての紹介をしたいと思います。

ツイスター

気象予報士「ビル」は婚約相手を連れ、久しく竜巻観測チームと合流することになった。観測チームはビルが開発した竜巻観測装置「ドロシー」を試験的に使用しようとするが、元チームにいた同業者が「ドロシー」によく似た装置を積んで現れる。

観測チームが竜巻を追いながらまるで子供のように無邪気に騒ぐシーンや、竜巻が家などを崩壊する様子が現実的に表現されている映画でした。とても迫力がありワクワク感が止まらなく、ストーリを含めかなり面白かったです。

フォレスト・ガンプ/一期一会

主人公「フォレスト・ガンプ」は知能が足りない少年。スクールバスでただ一人席を譲ってくれた少女「ジェニー」と友達になる。軍隊に入隊するとエビ漁を経営しているバッバと親友になりダン中尉の元で戦場へ出るが、バッバは戦死しダン中尉は足を失う。戦争が終わるとフォレストは除隊し、家へ帰ると再びジェニーと出会う。

バッバの約束や戦場で味方を助けるなど、フォレストの素直で真面目な言動がとても純粋に感じ、心が温められました。子供時代から現在に至る波乱万丈のストーリーがとてもわかりやすく作られており、最後まで楽しむことができました。

コンタクト

子供時代から知的生命体の存在を信じ続け、天文台で観測をを続ける主人公「エリー」。ある日、突如「ヴェガ星」から放たれた電波をキャッチする。電波を解析した所、ヴェガ星に行ける乗り物の設計図だった。

変人扱いされても知的生命体を信じる強い意思に、とても感動しました。最後の場面の意外な展開で胸が高鳴り、かなり面白い映画だと実感させられました。

ソルジャー

幼児の頃から戦闘兵器として育てられたソルジャー。しかし、次世代のニューソルジャーとの戦闘テストで何人も死傷し、廃棄物処理惑星へと捨てられる。奇跡的に目を覚ました一人のソルジャー「トッド」は、惑星の住人と暮らすことになる。

感情がなく戦闘方法以外は知らないトッドが、住人と一緒に生活するに連れ、徐々に人の温もりを知り、時には涙を流すシーンはとても感動的でした。住人を敵から守るシーンがとてもかっこ良く、住人を愛する心が自分にも伝わってきて、面白い映画となりました。

赤毛のアン

両親を亡くした「アン」は、孤児院からカスパート家へ引き取られる。カスパーと夫妻は、アンを実の子供ように可愛がられるが、アンの持つ過度な想像心やおてんばに夫妻は振り回されてしまう。隣りに住んでいる「ダイアナ」と親友になり、一緒に日曜学校へと行くようになる。

アンの過度な妄想や言動がかなり面白く、笑わされました。クィーン学園からはアンと仲間たちの友情が芽生えるシーンは、かなり感動的で「いい作品に巡り会えて良かった」と、嬉しい思いが出てきました。

ロスト・チルドレン

子供の失踪される事件が相次ぐ街で、一座がサーカスを披露していた。しかし団長が何者かに刺され、団員の一人で、怪力男の「ワン」は団長を看病する。その後、ワンは赤ちゃん「ダンレー」を拾い、弟して可愛がる。その後、ダンレーは一つ目族にさらわれてしまうが、一つ目族に殺されそうになったワンを子供窃盗団リーダー「ミエット」に助けられ後をついていく。

キャラクターや世界観が一風変わっており、今まで味わったことのない斬新で不思議な映画でした。かなり面白いです。今の映画に飽々している方にはオススメと言えます。

私がレンタルショップでDVD映画を選ぶ時にどれが面白いのかがわからない時は、ランキング関係なくあらすじを見て面白そうな作品を選びます。当たりハズレもありますが、稀に観たことのない斬新で面白い映画が見つかる時もあります。皆さんによって当たりハズレが違うと思いますが、頑張って大当たりが引けるよう心から願っております。